※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立ち回り (近距離)

ソルが生粋のインファイターのため、この距離ではソル有利気味になりやすい。
気をつけるべきは、K、2D、VV、GV、ぶっきら等。

発生3FのKは、状況五分あたりの時にこちらの攻撃が発生負けしやすいので気をつける必要がある。
2段技で持続も長くヒット確認も容易、また対空に使われるほど上方に判定も強いため、ジャンプに引っかかりやすいのも注意。
ジャンプで逃げる場合はFDを仕込むのがおすすめ。
もしVVの場合ならガードからきっちりと反撃できるので見逃さずに決めていこう。
一応Dステで避けられるが、1歩深く踏み込まれるとCHになるため過信は禁物。

ソルの2Dも要注意。
判定が非常に強く、かなりの低姿勢、且つ発生もそれなりに速く、ノーマルヒットでもコンボ始動としては脅威、CHしようものならガンフレFRCから悶絶ダメージを味わう事になる凶悪な技。
こちら側の2Pに一方的に勝ったり、Kを潜って蹴ってきたり、6Kに対して勝ったり相打ちになるという強判定。
近距離(特に画面端)では2P暴れは控えた方が無難。
どうせ暴れるならまだ2Kを推奨する。
ソルの2D、潰すには2HSがベストになるが、近距離では他の選択肢に負けやすく危険。
特に暴れ潰しの、小技>ディレイ2D には特に気をつけること。
また、2D>ガンフレ には、前方ジャンプや低空ダッシュから反撃可能なので是非覚えておきたい。
JHSならCHでバウンドするためダメージも十分見込める。
もしくはDOTでCHを狙うのもありだろう。
ただし、FRCの存在があるので逆に罠として使われる可能性もあるため注意が必要。
加えて、2D>ガンフレ を視認してから中途半端なタイミングでKで返そうとすると相打ちで燃やされ、ノーゲージで最悪の結果になる可能性もある。
前ステップでも抜けれるがFRCされてダッシュされると、炎の判定まで押し戻されるので危険である。

下手な牽制、穴の開いたガトリング、無闇なDステ等にはVVやGVで悲惨な目にあうので注意。
K>Kや、2K>2HSに容赦なく割り込みVVしてくる輩もいる。
また、安易な 近S>遠S も近Sを直ガされると割り込まれるため注意が必要。
Dステも、見てからVVやGVで燃やされる可能性があるため、使用は控え気味に使う事。
ただし、割り込みを誘ってスカせたりガードできた場合は最大限に重い反撃をしていこう。
S版VVには叩き落しの有無に関係なく、安定して2Sとビッパーで反撃できる。
叩き落しに蹴られる可能性はあるも、6HSも大ダメージを望めるのでおすすめできる。
GVの場合、最終段のアッパーに対して6Fまでの技で割り込んでいけるので、2Pや2Kを連打していても返すことができ、通常投げでも返せる。
最終段を通常ガードしてからHSやビッパーも入るし、最終段を直ガするとダストも確定する。
もちろん相手にTG50%以上ある場合はRCに注意して、見えたらバクステジャンプからFDで逃げてしまおう。

ソルのコマンド投げ、ぶっきらぼうに投げるは最大限の注意が必要。
相手の技量に拠るがノーゲージから5割近いダメージをとられ、多くの場合画面端まで運ばれダウンをとられるため、一気に形勢不利にさせられてしまう。
ソル側も有利な条件下で投げを狙ってくるため、下手な暴れでは逆に吸い込まれる事が多い。
一応昇りJDでCHを狙えるので、ノーキャンセル直下型を狙っていこう。
相手のよろけ回復次第では下りJD>直下型でもいいし、下りJK>着地ビッパーでもいい。
ネタとして密着ぶっきらに対し、最低空直下型すると地上でバックファイアがあたる。
そこからビッパー>追撃 と決めると300以上(がんばれば360位でる)のダメージを見込める。
昇りJD以外でも、バクステからならKや2D、DOTでの反撃になる。
少し速めにバクステできていればビッパーで反撃もできるので覚えておこう。


ソルの暴れ潰し連携

2K>6P の非連続ガトリング、2Pや2K等から2DのCH狙い、近S>ディレイHS辺りに注意。




管理人の見解

なるべくならこの距離で長く戦うのは避けたいところ。
スレイヤーもソルも近距離戦が得意とはいえ、ソル相手は中距離で牽制している方が有利に戦える。
こちらが攻めているときはできるだけVVやGVを誘う動きにし、誘えたらきっちり反撃していくとそのうち大人しいソルになる。
画面端に追い詰められた場合は、さっさと中央に逃げた方が大ダメージを回避しやすいのでHJから慣性フットで逃げるのを推奨。
もしくは前ステップで位置を入れ替えて逆に画面端に追い詰めよう。


|