※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開幕

相手はノーゲージでも大ダメージを狙える可能性があるので、うかつな行動は控えた方が無難。
特にぶっきらぼうに投げると、グランドヴァイパーには注意するべき。

ソル側の対空が強く、ここからもサイドワインダーループされる危険性を考えると飛び込みも控えた方がいい。

開幕の技の振り合いでは、スレイヤー側はKが基本、ソル側の開幕基本行動の遠Sに勝つ事ができる。
CHするが、あわててPマッパしようとして出すのが遅れると相手の目の前でスカるので、Kや2Dを貰い有利から一転して不利になるので注意。
また、Kマッパの場合も反応が遅れて連続ヒットしない場合、直ガから反撃される。
きっちりと状況判断してつなげるか、無理せずK1発で止めるのもあり。

これに対し、ソル側はKを潰すのに6PをでCH狙いしてくる場合があるのでこれも注意が必要。
ブリンガーに繋げられて開幕から痛い思いをする。
この6Pに対してはこちらの2HSがCHするため、読み合いとしては面白い。
ただし飛び込まれていた場合は、開始10秒で体力半分近いダメージを奪われる可能性もある。

他にも、バクステ狩りのKマッパも選択肢としてはある。
空中であたるため、その後K>Pマッパ(Kマッパはスカる)でダメージ93。
もちろん、相手側が遠Sや6Pしていた場合CH貰うので本当に一点読み。
直ガされてからでも反撃貰うのであまりいい選択肢ではない。




管理人の見解

無理に牽制勝ち狙いに行くよりはガードしていた方が無難。
TGがあってこそスレイヤーは真価を発揮する。

|