※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此処はヘブンシティ唯一の教育機関、エデン学園。
孤児を含む少年少女が、生活をしながら学びを深める場所。
此処で暮らす心優しい少年アーロンは、
エレナ、セレン、ラドン、ネオン達と共に一日を過ごしていた……

エデン学園 教室


(side:アーロン)

「……それじゃあ、先生が戻るまで自習をしておくように。」
クラーク先生は、手に持った書類を机の上でトントン、と整えた。
そしてそれを脇に抱え、足音小さく部屋を出ていった。

「へへっ……ちょっと早いが、休み時間って訳か?」
「「……(ギロリ)」」
「ヘヘッ、冗談だっての。」
不敵に笑みを浮かべるラドンを、セレンとエレナが睨み付ける。
(因みに、セレンの考案で僕の席はセレンとエレナの間になった)
何席か離れた所で悪い事でも企むように笑顔を見せる彼は、
このハイクラスに入った数日前から何度となく見てきた。
そしてその度に、学級委員のエレナとセレンが叱りにかかる。
学級委員とは言え、きりのない作業を繰り返すのは大変だろう。

「(いつも頑張ってる二人に、何かしてあげたいな……)」
数日間ハイクラスで彼女達を見てきた僕には、そんな心が芽生えた。



~~~~

エデン学園 家庭科室


「そろそろ授業も終わりだ。皆、ケーキは上手に出来たか?」
「出来ました」「まあまあです」「出来た!」「焦げたぜ……」
更に数日が経ち、僕達は家庭科の実習でケーキを焼いていた。
勉強や運動は苦手な僕だけど、調理実習は得意だ。
僕はオーブンから特製ショートケーキ(フルーツ割増)を取り出した。
開いたオーブンからは香ばしい匂いが流れ出して、
中から出てきたケーキは甘い香りを周囲に広げた。僕のも完成だ。
でも僕は、まだ完成とは言えないんだよね。
此方と彼方のオーブンも確認しないと……

「さて、もう5時だ。帰る奴は帰って、残る奴は自由にしてろー」
授業の終わりを示す、先生の掛け声。
……この学園には、普通の生徒と孤児の二人が居る。
親や家がある普通の生徒は帰れば良い話なんだけど、
それらが無い孤児は此処で一日を過ごす事になっている。
入浴用に男湯と女湯もあるし(此処は温泉施設じゃないよ)、
学園内の部屋を一人一室借りる事も出来る(此処は宿屋じゃないよ)。
そして、週に何度か授業が無い日があり、孤児はお小遣いが貰える。
……時々思うけど、この街の経済って良すぎるんじゃないかな。

「「ねぇ、アル(ッ!?どうして貴方/アンタまで此処に……!)」」
わっ、吃驚した……
上手い位に声をハモらせてやって来たのは、エレナとセレンだ。
……何故か、互いに目を合わせて火花を散らしているけど何だろう。
「アルに試食させてあげようと思って、ケーキを持ってきたわ!」
「え、僕にくれるの?ありがとー」
「(ぐっ、セレンもかぁ……)」
セレンは、一欠片のチョコレートケーキを乗せた皿を差し出した。
艶やかなチョコを頭に被ったスポンジも軟らかそうだ……美味しそう。
「わ、私もアルに食べて貰うために持ってきたの!」
「えっ、エレナもくれるの?嬉しいよ!」

「(フンッ、アンタもそう来たのね……
でも、立派な学級委員だとアルに認めて貰うのは私よ……!)」
「(何を……でも、私だって負けないから!)」
エレナがくれたのも、一欠片のチョコレートケーキだった。
セレンのケーキと比べると、全体的にしっとりしてそうだ。
どっちのケーキも個性が有るし、何より美味しそう。
この二つは、僕の部屋に帰ってからゆっくり戴きます。

「……で、アルはまだ部屋に戻らないの?」
「そうよ、そのケーキ貴方のでしょ?完成人は解散で良い筈だけど」
「あぁ、僕はまだ……残らなきゃいけないんだ。」