※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪戯好きで生意気だけど、ちょっとツンデレな少女『チィ』。
彼女とサザロスが遭遇した頃、ジャン達は遊園地を満喫していた……


ノア・パーク 観覧車


(side:アル)



「……ん、うーっ……」
そろそろ太陽が空から降りてくる昼下がり、僕は目を覚ました。
涼しくて、寝心地が良くて、景色も良い。此処は一体何処なのかな……
僕は仰向けになっていた体を起こした。すると、
「あ……アル。気が付いた?」
僕の右側の椅子には、優しく微笑みかけるエレヴィンが居た。
ショボつく目を擦って辺りを見回す。
此処は……見てみた限り、観覧車の中みたいだ。
「外は暑いでしょ?涼しい所なら、すぐに起きてくれるかなって……」
どうやら、お化け屋敷で気絶した僕をエレヴィンが運んでくれたらしい。
彼女の言葉から察するに、僕が起きるのを待っていてくれたみたいだ。
「でも、どうして僕に早く起きて欲しかったの?」
「え?どうしてって……」
僕は素朴な質問をしたつもりだけど、エレヴィンは答えに困っている。
そんなに難しい事を聞いちゃったのかな?


「……アルが起きるまでずっと心配だったから、かな……」

向かい合った態勢のまま、エレヴィンは顔を外に向ける。
こんな大きな観覧車だから、まだまだ上がり続けるゴンドラ……
そこから見える綺麗な景色を楽しみながら、僕は呟いた。
「心配してくれたんだね。でも、僕なんかを心配しなくても……」

「ううん、逆にアルだからこそ心配なのよ……

アルって、前まで私が気に入っていた男の子に似てるんだ。
守ってあげたくなる子だった、っていうのもそっくりだし、……」

……エレヴィン、なんか自分の世界にのめり込み過ぎてない?

「小さくて可愛いのも似てたし、優しいのもアルそっくりで、……」

そろそろ止めてくれないと、僕が照れ臭くなるんだけどな……
そう思っていたら、彼女の口から黒い話が飛び出してきた。




「でも、好きだったその子はもう居なくなっちゃったの……
私が守ってあげられなかったばかりに、ね。」





エレヴィンは、決意のような何かを思わせる強い目をしていた。
今の話を軽く聞いちゃったけど、彼女にとっては重い話だったみたい。
それもあってか、彼女は話を終えてからずっと暗い顔をしていた。
何とか元気になってもらいたいんだけど……


「(……そうだ!)」
僕は、自分の頭の中からある記憶を引っ張り出してきた。
時は昨日の夜、エレヴィンと二人で秀吉おじさんのお店に行った時。
僕達がおでんを食べた後、おじさんは僕を呼び止めて、こう囁いたんだ。
「ショt……アル。エレヴィンを元気にする方法を教えてやるぜぃ」
おじさんの方法を使えば、エレヴィンを元気付けてあげられるかも……
よし、やってみよう。

(秀:アルがエレヴィンにやるから効果がある、皆は真似するなよ?)





「ねぇ、エレヴィン。」
「ん……どうしたの?」
「僕、早くエレヴィンに元気になって欲しいな……(上目/指咥」
「アルううううぅぅぅぅっ!!!!!///」
「わわっ エレヴィンが飛びついていた!!?」





エレヴィンの安定した精神と僕の身の安全も考えて、
この方法は暫く封印しようと思った。

一方、その様子を何処からか観察していた者が居た。
「……秀吉」
「なんでぃ、ティブル。」
「彼(アル)に何を吹き込んだんだい?」
「カッハッハ!!……おでん奢ってやるから、見てない事にしてくれ」
「おっけぃ。」



ノア・パーク ゲームコーナー


(side:エルフィア)

「「バニラアイス下さーい!」」
「はいよ、ちょっと待ってくれ」
アトラクションを堪能した俺達は、ゲームコーナーで休憩していた。
ご丁寧に休憩コーナーもあるし、アイスでも食べて雑談しようかな、と。
そんな訳で、俺達は『ジャックのアイスクリームSHOP』に来ている。

「なぁ……『ジャック』さんって聞き覚えがあるんだけど、誰だっけ?」
「武器屋のジャック店長でしょ?前にHeven'sTV出てたっけ」
「そっか。ジャック店長の店って時点で怪しいけど、大丈夫だよな?」
「出張して売店まで開いてるんだから、多分大丈夫なんじゃない?」
ジャック店長の話題がやけに弾む。そんな中、
「ほらよ。バニラ2つで300円だぜ」
噂をすれば何とやら。2つのバニラアイスのカップを持った本人だ。
俺達はペコリ、と小さくお辞儀をしてアイスを受けとる。
……バニラビーンズ入りの本格アイスだ、品質的には大丈夫そう。

「……ん?ちょっと待ってくれ、黒ツインテのメッシュ嬢ちゃん!」
「凄い呼び方……えっと、どうかしました?」
背中を向けて歩き去ろうとしたリーナが呼び止められる。
「確か、こないだのテレビ番組に出てたよな?」
「えっ、出てませんけど?」
「出てなかったか?……そうか。呼び止めて悪かったな!」
驚いた様子を見せるリーナ。まぁ、そりゃそうだろうけど。
とりあえずその場を離れ、休憩コーナーで話す事に。
……それにしても、秀吉店長(舞台裏)といいジャック店長といい、
どうしてテレビのタレント等と見間違えるんだろう……


ノア・パーク 休憩コーナー


「ねぇエルフィア。どうしていつも私と一緒に居てくれてるの?」
「どうしてって……一緒に居ると楽しいから、かな」
「そっか。」
ゲームコーナーから歩いて1分の所にあった休憩コーナー。
お土産屋にレストラン、果ては服屋と様々な店が近くにある。
こんな場所なもんだから、周りは耳障りな程に賑やかで明るい雰囲気だ。
「俺ぁ強盗だァ!!さっさと金出しやがれ、金!!」
「そういうお前が出せやゴルァ!!! バキッ」
「ギャアアアアアアッ!!わわわわ分かった、自首しますよ自首っ!!」
もうすぐCBA(詳しくはヘブンシティの項を参照)の警察が来るようだ。
……大丈夫か?こんな遊園地で。

「何か……変な遊園地だよな、此処。」
「そうよね……って、あれは?」

「ヒャッハァーーッ!!その女を差し出せェ!!!」
「嫌あああああああっ!!!!」




「「出た、変人……!」」




この街には、こんな噂がある。
迷惑にして強力、且つ変態な男が居る……と。
彼曰く、その名をジョー……バギー・ジョーと言うそうな。


「リーナ。」
「うん、エルフィア。」
「「帰ろう」」




その頃、ジャン達はジェットコースターの列に並んでいた。

「お兄ちゃん……やっぱり怖いっ……」
「安心しろ。隣には俺が座るからな、怖くなんかないだろ?」
「うぅ、ジェットコースター乗りたい、なんて言わなきゃ良かった……」

ピロリロリンッ♪


「ん?エルフィアからメールか……」

『件名:帰ろうよ

また、あの変人が出たんだ!
被害に会う前に帰ろうよ、兄さん!』

「……ミリフィア、帰るぞ」
「え?」
アイツ が出たらしい」
「うん、帰ろ。」





その後、サザロス・ノゼライ・アル・エレヴィンは招集をかけられ、
全員がノア・パークを帰る事を余儀なくされました。