※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪景色の国


(side:ノゼライ)

「……奴等は、間もなく私達の国へ訪れる。」
「チッ、残った時間は僅かって事か……で、俺らはどうするんだ?」
「俺達は奴等を食い止め、住民が避難する時間を稼ぐ。」
「まぁ、そう来るよな……」
「……これが、私の願いの結末なのね……」


気がついた時、私は雪景色が綺麗な場所にいた。
サザロスと住んでいる場所とは違って、道に並ぶ家は小さい。
でも……何だか懐かしい感じがする、そんな素敵な家だった。
そんな建物が並ぶ、この一本の大通りの向こう側。
そこでは、三人の大人が悲しげに話し合っていた。

「俺達が生き残る事は難しい……死の覚悟が必要だ」
一人目、渋い表情をした男の人。首にスカーフを巻いている。
「なぁに、俺はこの可愛い女王様を守る事しか考えてないさ」
二人目、ちょっと軽い性格っぽい男の人。髷にした髪が特徴かな。
そして三人目……
「可愛い……昔の私なら、そう言われて嬉しく思ったと思う……けど」

三人目は、会った事が無い筈なのに、何処かで見た顔をした女の人。
そして彼女は、傍の二人から女王と呼ばれていた。

「けど……今の冷めた私では、嬉しいと思う事が全く出来ない。
凍ってしまった私の心には、その言葉は届く事すら出来ないの……」
「「……オーロラ様……」」
『オーロラ様』と呼ばれていた女の人は、目を虚ろにして嘆いた。
……でも、どうしてあの人は嬉しいって思わなかったんだろう。
心が凍っているって言っていたけど、どうしたのかな。

「……最近、私はあの日を思い出していた。あの地獄の日を……」
「地獄の日、とは?」
「……あの奴等が来て、私から全てを奪っていった最悪の日……
家も友達も失って、それ以来ずっと独りぼっちだったわ……」

その話を聞いた途端、私の脳裏には何かが映った。
頭に浮かんだのは、辺り一面が雪に覆われた風景。
そして、その瞬間に沸き上がったのは理由の分からない寂しさ……








スレイド家 1F寝室


「……ぬむぅ……ふわあぁ~」
あ、夢だったんだ。良かった……
リアルな夢だったから、ちょっと怖かったなぁ。
外は……もう明るいみたい。きっと昼が近くなってる頃だね。
閉められたカーテンから漏れている太陽の光が、それを教えてくれた。
「えーと、サザロスは……なぁんだ、まだ寝てる……」
こんな時間なのに、サザロスはまだ熟睡している。
寝坊なんていけないよね、起こしてあげなきゃ。

……クスクスッ。


真っ白な世界


(side:サザロス)

「……ハッ!?」
しまった、また寝てしまった。
……って、寝て正解か。

「やぁサザロス。こんな所で会うなんて奇遇だね。」
「あ、アンタはあの少年……って、奇遇にも程があるだろ」
俺の勘が正しければ、この真っ白な場所は『夢』だ。
夢の中で会うなんて、奇遇どころの問題ではない気がする。
「フフッ、まぁそんな事は気にしないで」
普通は気にすると思う。
「実は、今回は君に伝えたい事があってね。」
「伝えたい事か。何だ?」
「RPG風に言うとね……この世界を危機から救って欲しい!」
「何!?なんかスケールが超絶だったけど!」
『世界を危機から救って欲しい』発言を素直に受け入れる
なんて出来るわけないだろう。
「第一、アンタ何者なんだ?俺専属のスパイか?」
「まっさかぁ、何が悲しくて君をストーキングしなきゃいけないの?」
微妙に酷い。俺はこの世の罵倒には耐えられない。
「僕はね、君のためだけに活動してるって訳じゃないんだよ。

皆を救うためであり、自分のための罪滅ぼしでもある。
それが今の僕が行っているプロジェクトさ。」
「皆を救う……罪滅ぼし?」
「そう。かつて僕が成した罪……それを償うチャンスなんだ」
彼は、いつもの穏やかな表情のまま呟いた。
でも、彼のその目は悲しみを思わせるように力無かった。
目の前に広がる真っ白な空間に佇む彼の姿は、寂しそうでならない。
一体、彼の目的は何なのだろう……

「とりあえず、アンタの名前を教えて欲しいんだけど……」
「僕の名前?……あはは、そんなの知ってどうしたいのかな。」
うーん……可笑しそうに笑う姿にも、かなり違和感がある。
笑顔らしくない笑顔、それは見るからに愛想笑いだった。
「まぁ良いけどね……僕の名前はティブル。よろし」

ドスッ

「ぐはっ!!?」





スレイド家 1F寝室


「サザロス、おはよーっ」
「ガアアッ……ク、ルシィ……!!」
夢から覚めたと思えば、俺の上にノゼライが座っていた。
きっと俺を起こすために乗しかかったんだろう。
「起こしてくれてありがとう」と言いたい所だけど……超絶苦しいから今は無理だな、うん。



「……そろそろ降りてくれないか?」
「え?……あ、ゴメン」
焦ったような様子を見せて、急いで俺から降りるノゼライ。
ちなみに、彼女の慌てる様子は愛らしさに満ちていた。
年頃の女の子ってやつですね。こりゃ微笑ましいぜ、ワッハッハ。

さて……目も覚めた事だし、今日もヘブンシティで楽しむぞ!




……あれ?どうして俺は此処に来たんだっけか。
観光だっけ、旅行だっけ、休暇だっけ……

ー続くー