※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「僕なりに生きて……僕なりに頑張るんだ」


人柄

街で怪しい噂になっていた、サイボーグの少年。
気絶していた所をエレヴィンに助けられて以来、ずっと彼女を信頼していきた。
馴れない人に対しては敬語で話す癖がある。
非常に温厚な性格で、周りの仲間からも可愛がられる。
エレヴィン曰く『守りたくなる』、『小さくて可愛い』との事。
実際、彼女はアルに対してのみ明るく接するため、好意の予感。
しかし彼もまた、サザロスには劣るものの微妙に鈍感。

街中を歩いている時に嫌な目線を送られていたようだが、
ジャンの家で暮らし始めてからはエレヴィン共々街に知られ、
今では出掛ける事が出来るようになっている。

不気味な廃墟に怯えて混乱していた所にサザロス達が訪れたため、成り行きで戦う事になった。
少し臆病だが、根は優しさの塊である。
秀吉曰く「サイボーグと言うよりショタボーグ」
此処だけの話、性別は男だが声が可愛い(でも機械音声っぽい)。
秀吉はそれに目をつけ『エレヴィンが元気になる方法』を吹き込んだ。
しかし、それは所謂『ショタ萌え兵器』であり、更に彼女には効果抜群。
と言うか、何やかんやで秀吉とアル・エレヴィンは仲が良い。
バギーには女と勘違いされ痴漢された挙げ句、
『Cuteな柔らか少女』と称された。
何処触られたんだよ……

容姿

小柄で背が低く、エレヴィンより少し小さい。
ボサボサとした茶髪をしており、童顔。まるで子供。
(但し、金属加工で素顔が見えない)
顔や身体の一部に金属加工が施されているが、加工途中だったのか肌身の部分が多い。
両目に加工されていて、赤く大きい目をしている。
そして両手には武装加工があり、右手はビームライフル、左手はビームソードに変形する。
ちなみに作者の画力の関係で下のイメージ画像のアルは可愛くない。

必殺技

  • 黒鉄の討伐者(クロムバスター)
右手に装備しているビームライフルを乱射する。
何処に弾が飛ぶかは読めず、当たるかどうかは運次第。

添付ファイル