※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サ:はーい、今晩はー。

ジ:……いきなり気の抜ける挨拶だな。

サ:んー……仕方ないじゃん、『ジャン』だけに。

ジ:コノヤロウ、と言うか寒っ……

ノ:そうかな?私は、ちっとも寒くなかったけど。

サ:お、流石はノゼライ!俺のギャグセンスが分かってくれるとは嬉しいなーっ(笑)

ノ:アハハ……喜んでもらえて嬉しいな。

ジ:……お前ら仲良いな。俺なんか、最近ろくに台詞無いもんだから、作者から空気扱いされちまったのに。

サ:良いんじゃない?だって妹のために高速で駆け付けたじゃん、あの場面はジャンの兄らしさが伝わったと思うぞ?

ジ:作者からシスコン呼ばわりされるのも時間の問題だな、俺。

ノ:え?もう「ジャンはシスコンっぽいからね」って話を作者から聞いたけど……

ジ:作者は俺を虐めたいのだろうか。

サ:んー、そうなんじゃないか?

ジ:お前、今テキトーに言っただろ。



サ:そういやさ、ノゼライの光線スゴかったよな。

ノ:そ、そうかな?(照)

ジ:折角だしあの技に名前付けようぜ。サザロス、何か案とか無いか?

サ:え、俺?うーん……ホワイトレーザーとか。

ジ:ありきたりだな、却下。

サ:Σ評価低っ!?んー……じゃあ、オーロラビームとか。

ノ:それ、何処かで聞いた事ある気が……

ジ:某・超人気RPGゲームの技だな。

サ:……やっぱ無理、俺には無理!募集フォームでも使って、読書さんに提案して貰ってくれよ!

ジ:おい、『読書』て誤字っとるぞ。読者な、ど・く・しゃ。

サ:どっちでも意味は変わんないだろー!?

ジ:否、余裕で変わるから。

ノ:どくしゃ、どくしょ……うぅん……

ジ:あ、ノゼライは記憶が無くなってるんだよな。分かんなくても仕方ないか……

ノ:あぁ、文字なら覚えてるよ?

ジ:……どう頭を打ったら、そんなバラバラメモリーになるんだよ。

ノ:例えば、こういう風に打つとか……

ジ:おいおい!やめとけ、無理して再現しなくて良いからな!?

サ:じゃあ、こういう風なら……

ジ:主人公が雑談部屋で致命傷を負ったら、作者が涙目になるぞ。



サ:あとさ、ジャンの妹って料理上手いよな。

ジ:まぁな。(ドヤッ

サ:何でお前がドヤ顔するんだよ!?

ノ:兄の誇り、なんじゃないかな?

ジ:まぁな。(ドヤッ

サ:ジャン……お前、この話題になってから可笑しいぞ?

ジ:まぁな。(ドヤッ

サ:ジャン - (ヘッドホン + バンダナ) = 残念なイケメン

ジ:まぁn……っておい待てゴルァ。

サ:あ、流石に気付いたか。

ジ:残念って言われたんだから、普通は気付くだろ……

ノ:イケメンって付いても?

ジ:まず、『残念な』って言われた時の気持ちを知ろうな。

ノ:(*´∀`)

ジ:どうして和んでるんだよ。

サ:(。д°)

ジ:何があった。

ノ:(∵)

ジ:何も言えねぇ。

サ:(。。д)<まぁ、今日の所は寝ようぜ。

ジ:その前に、お前は整形外科へ行こうな。

ノ:こんな顔になっちゃったサザエロスはどうなるの?

ジ:……ノゼライ。お前サザロスってタイピングする時に、変換予測の「サザエ」って所を押したな?サザエロスになってるぞ。

ノ:あっ!ごめんねサザエロス!

ジ:進歩しろよ……

サ: 。。( *∀*)<気にするなって!

ジ:おいサザロス、目玉取れとるぞ。