※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スレイド家内


太陽は斜めに落ちていき、同時に月はうっすらと姿を現す昼過ぎ。
俺は、円卓の向こう側に座る相手に、自信満々に自己紹介をしていた。

「俺の名前はサザロス。遥か南にある太陽の国・アポロンズフィールドの王子さ!」

……そう、俺は王子。父さんの手によって栄えた、『太陽の国』と称される魔法の国・アポロンズフィールドの時期国王なのだ。

ジャンは……此方をジッと見詰めて、俺の話を聞いてくれている。興味を持ってくれたのだろうか。
……まぁ、その目には疑心の意味も込められているのかも知れないが。
とにかく俺はその姿を見るなり、自分の話をするのに夢中になっていった。



アポロンズフィールドを旅立ったのは……2、3年前だっただろうか。
あの頃は、やんちゃだった俺も成長していて、王子らしい振る舞いも出来るようになっていた。
そんな俺を育ててくれた父さんは、ある日こう言った……

「サザロス、お前なら立派な国王になれる。お前が王になれるだけの力を手にした時、この王位をお前に託したい」と。

そう言われた時、俺は凄く嬉しかった。なんせ、今まで頼ってきた父さんに認められたのだから。
『早く父さんのように立派な王になりたい』その一心で、俺は旅に出る事にした。
父さんがくれた剣と目指す夢だけ持って、俺は城を出た。

修行の旅という訳だが、大して苦は無かった。
大木を相手に剣を振ったり、動物を追いかけたり、木に登って木の実を食べたり……
とにかく、ただ強くなる事だけを目指して、行く先も決まらないまま歩き続けていた。
そのうち、俺はもう15歳になっていた……



「へぇ……修行か。でも、何で此処に来たんだ?修行になるような場所ではないはずなんだけどな」
無我夢中に口を動かす俺に、ジャンは首を傾けつつ問い掛けた。
確かにジャンの言う通りだ。この街は不便が少なく、修行には向かない。

「此処に来たのは修行のためじゃないんだ」
俺は即答で答えた。
余りの即答っぷりにジャンは顔をしかめたが、とりあえず俺は話を進めた。



実は、此処に来たのは修行のためではない。
因みに俺は、始めはこのヘブンシティの存在さえ知らなかった。この街の存在を知ったのは、ほんの数日前……

俺はいつものように、ぶらぶらと道を歩いていた。
すると、突然目の前に現れた一人の男……
薄気味悪かった。ちょっと空を見ていただけなのに、顔の向きを正面に下ろした時、誰も居なかった筈の目の前に人が立っていたのだから。
魔法だったにしろ、俺の国では見た事の無い類の魔法だ。
ヘブンシティから見れば異国風な服装の俺が言える事ではないが、格好も怪しかった。
まるで宗教団体のようなローブに身を包み、フードで顔をろくに見せていなかった。
そんなわけで、俺は不審に思いながら通ろうとしたのだ。

しかし俺は、その男に呼び止められた。
思わず、初対面であるにも関わらず睨みを効かせてしまったが、彼は構わず俺に話し始めた。

「君……旅人だよね?その服装からすると、アポロンズフィールド出身の15歳前後。」

どうやら、アポロンズフィールドを知っている人らしい。
しかも割と友好的な対応の仕方だったため、俺も多少は気を許した。続けて、彼は俺に問いかける。

「ねぇ、そろそろ旅に疲れてきた頃なんじゃない?そんな君に、ヘブンシティっていう街を勧めたいんだ。」

そう言うと、彼は両の口角を上げた。
顔が見えないため、優しい気持ちで微笑んでいるのか、悪どい考えでにやけているのか、全く分からないが。
彼が言うには、「ヘブンシティは科学力が進んでいて、自然も溢れている。疲れが癒えるだろうし、新たな発見や出会いがあるはずだよ」という話だった。

確かに俺は、休み無く何年か修行を続けていたため、疲れは溜まっていた。
それに、新しい文化を体験するのも、王になった時に有効な経験になると思った。
だから、俺は彼の持ちかけた話を飲み、この街へやって来た……



「……という事で、俺はここに来たんだ。」

長らく口を止めた俺を見るなり、ジャンは机に突っ伏した。どうやら、話を聞く事に疲れたらしい。
……そんなに長い間、俺は語っていたのだろうか。それとも、退屈な話し方だったのだろうか。

そこへ、さっき部屋を出ていったミリフィアが戻って来た。手に持っているのは、待ちわびた食べ物だ。それも、ミリフィアがわざわざ作ってくれたらしい。

「ぅわおっ!!!」

皿に盛られた、バターの香り漂うオムレツ。
オムレツに添えられた、小さなハンバーグ。
そして、彼女に続いて後ろから来たエルフィアが持ってきてくれた、俺の国でも「美味しい」と噂のレモンスカッシュ……
これは最高のご馳走である。調理された食べ物なんて、実に3年ぶりだ。
円卓に乗せられた料理を、俺は飢えた獣のように食べ始める。それを見る3人の兄弟は、俺を観察するような目で見てくる。

「サザロス、この街には慣れてないだろ。それ食べ終わったら、街を廻ってみないか?」

ジャンが俺に提案する。そんな彼に、俺は元気よく賛成した。
そして、再び料理にかぶりついた。


今は、日が沈んでいき、月がハッキリと姿を現す夕暮れの時間。
その頃この街の何処かで、感じる事さえ出来ないような僅かな『月光』が、この街に降り注いでいた。
そして、その月を包まんとする夜の闇も……