test


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在の暫定案
・スカウトは、騙り、スカウト能力、共に行使できる

・スカウト成功前後での能力(簡素化をめざし、どの人数でもこの内容の予定)

スカウトした側
 ・成功前
人数カウント無し× ライバル把握無し× 投票権有り◎
 ・成功後             ↓
人数カウント無し× ライバル把握無し× 投票権無し×

スカウトされた側
 ・成功前
人数カウントプロ○側 投票権有り◎ 騙り不可×
 ・成功後 ↓          ↓
 人数カウント無し× 投票権有り◎ 騙り可◎

・スカウトは、GM監視のもと、IPの出ないチャットにて、匿名にて勧誘を行う
・勧誘の開始は、一日目の仕事以降、いつ始めても良い(既にCOしている人以外から、1人のみ)
・ただし、寝返り宣言は、仕事中のみとする
・事務・受付の判定はスカウトする側、された側、共に白○を保持する
・寝返る前に能力を持っていた者は、寝返った後もその能力を保持することが出来る(事務・受付・トレーナーのパートナーとの情報共有)
・スカウトされた事のCOは、基本的に誰にされたかがわからないため、その時点でスカウトが健在である証左以外の効力が見込めない
・故に、↑のCOをした場合でも、保留中であれば仕事中の寝返りは可能

・出張メールについて
 役職の質問においては、事務?、受け付け?、敏腕(リーダー)?、トレーナー?、スカウト?、スパイ?の6種の質問のみ可能なため、寝返った人の判別はできない
 サイド側の質問においては、スカウトはライバル●側、保留中のスカウトされた人はプロ○側、寝返った人はライバル●側の判定を出すものとする(事務、受け付けの判定は両者共にプロ○側のままである事に注意)





↓前回までの内容↓

スカウト人数変動把握
・9人時:人数カウント無し× ライバル把握無し× 投票権有り×
・10、11人時:人数カウント無し× ライバル把握無し× 投票権有り◎
・12人時:人数カウント無し× ライバル把握有り◎ 投票権有り◎


スカウト能力選択ルール

騙りあり・・・今までと同じ(変わりなし)。騙って場を乱すことを目的とする。
騙りなし・・・騙り(嘘)を一切つけなくなる。代わりに誰か1人を選んでスカウトすることが出来る。スカウトが成功したらスカウト同士で会話することが可能


騙りなし能力の細即
・仕事中に、既にCOしている以外の人の中から選択して、スカウトする(1人だけ)
・GM監視下で会話してもらい、スカウトされた人はライバル側に寝返るか否か、仕事中に決める
・寝返るか否かの宣言は保留することが可能。後にGM監視下で宣言することが出来る
・寝返り宣言は、仕事中にしかできない
・事務・受付・出張等の判定は白を保持する
・寝返る前に能力を持っていた者は、寝返った後もその能力を保持することが出来る(事務・受付・トレーナーのパートナーとの情報共有)
・スカウトされた人は、スカウトされた事をCOしても良いが、このCOをした後は、ライバル側に寝返る事は不可
・上記のCOは、ライバルも騙る事ができる
・スカウトされたのがライバルだった場合、両方向把握のスカウトとなり、以後、スカウトのライバルチャット入室を許可


wikiとの変更場所
・10~12人ならライバル陣営把握がなくなる。投票権はスカウト成功失敗に関わらず残る。スカウトされた者は人数カウントがなくなり投票権はそのままあり。
・9・13人~ならライバル陣営把握なしに加え、投票権もスカウト成功したら消える。スカウトされた者は人数カウントがなくなり投票権を失う。
・ライバルをスカウトした場合は投票権は上記の通りだが、ライバルに能力の変更はない。(人数カウント保持・投票権有り)


勝利条件補足
・保留中は、プロダクション側の勝利が勝利条件
・寝返る宣言後は、ライバル側の勝利が勝利条件
・同じ日の仕事中に寝返りと謹慎が重なった場合、スカウトされた人の勝利条件はライバル側とする