選択ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【仮投票】

「ミーティング」終了前に、誰に投票するかを決定するための、「仮投票」が行われます。
「仮投票」は、3日目になった時点で、任意になります。
任意で行う場合は「ミーティング中」に処理して下さい。
ここで、役職持ち等の宣言を行い、ある程度推理することも可能です。
仮投票はDM等ではなく、公開して行います。
「仮投票」の結果を実際の投票に反映するかは、プレイヤー次第です。


【役職希望提出】

ゲーム開始前の点呼時などに事前にGMにDM等で希望役職を送ります。
役職抽選するさいに、希望したPLの中から抽選を行います。
抽選に漏れた場合は、希望なしの人と同じように再度抽選して、役職が割り当てられます。
よって、100%希望が叶うわけではありませんが、希望しない役職に当たる確率も減ります。


【出張・ロケ】

1日目ミーティングでは待機ではなく、出張(P)・ロケ(アイドル)に出る人を決める。
出張・ロケに出たものは2日目仕事時に該当者1名にメールを送ることが出来る。

  • 出張・ロケに行った人
 2日目仕事時、GMに「○○さんは■■ですか?」と質問をする。
(■■はGM判断で ライバル以外の役職、もしくは プロダクション側orライバルプロ側の確認)
 GMはそれについて、「はい」か「いいえ」で答える。
(プロorライバル質問ルールの場合、「スカウト」はライバル陣営、「スパイ」はどちらでもないと返答されます。)
それを受けて、GMに(「○○さんは■■じゃないと思うけどなぁ」)等の短文メールを送る。
GMはそのメールで本当に良いか確認後、3日目のミーティングを迎える。(メールは先に製作する)
ミーティング開始後5分以内にメールを送る人をGMに指定する。(5分を越えた場合は送信不可)
(強制ではありませんが、あくまで推理をしたという「てい」ですので、「○○さんは事務員ではない!」ではなく、「○○さんって事務員、前からいたっけ?」など少し曖昧なメールにご協力下さい。)

  • メールを受け取った人
GMからメールが来たら、必ずメールが届いたことをGMにDMで連絡をする。
メールを受け取った人は、メールが来たことを宣言することが出来る。(しなくてもよい)
メールの文章はそのまま伝えても良いし、ウソをついてもかまわない。
該当者が意思疎通できる役職の場合、メールが来たという事をパートナーに伝えることが出来る。
※メールが届いた場合、パートナーがそのメールを読むことは可能。ただし、「宣言」や「ウソをつく」ことは不可(ライバルはウソをついてもよい)

  • 出張の細則
※メールが来たと宣言出来る者は、メールが送られた該当者のみである。
 (メールが来てない者が来たと言ってはいけない)
※1日目に複数人の出張・ロケが決まった場合は、それぞれがメールを送ることが出来る。
※製作したメールの内容を変更することは不可。(メール製作→3日目→送り主指定)
※出張・ロケのルールが適応されている場合、3日目のGM(社長)ミーティング開始宣言まで
  待機室でネタバレやヒントなどを出してはいけない。
※スパイが出張に行った場合、勝利条件をすでに失っているのでメールをどうするかは自由です。

  • トレーナーの能力変更
トレーナーのどちらかが待機(出張)になった場合、パートナーは翌日謹慎となる。(ライバルからの謹慎の場合は該当者のみが謹慎となる(パートナーは残る)
※パートナーが仕事中にライバルの謹慎の対象になる場合もある。



2013/5/8
  • 出張者復帰ルール案
3日目に出張者が1日だけ戻ってくることが出来る。(出張者を除いた状態で3日目ミーティングがスタートできる状態であることが条件)
出張者が能力を持っていたら使用することが可能。(事務・受付は2日目仕事中に、敏腕は3日目仕事中に。ライバルは他のライバルと内通可能)
投票権を持っている者は投票することが可能。
出張者を3日目待機することは出来ない。
出張者は4日目に自動謹慎となる。その時、謹慎者発表順は一番最後となる。(ライバルによる謹慎者→寝落ち・ペナルティ等該当者→トレーナーの共倒れ→出張謹慎者)
出張者をライバルが選んで謹慎することは可能。この場合、出張者謹慎ではなく普通の謹慎扱いになる。(上記のライバルによる謹慎者の時間軸で発表する その場合、GMが「ライバルからの謹慎で~」という必要はなく、出張者謹慎と同じ言い回しで構わない※GM判断)
敏腕は出張者を3日目夜に守ることは可能である。






【スカウティング】

スカウトが任意の1名を水面下でライバルサイドへ勧誘することが出来る。

  • スカウト成功前後での能力

スカウトした側
 ・成功前
人数カウント無し× ライバル把握無し× 投票権有り◎ 騙り可◎
 ・成功後              ↓
人数カウント無し× ライバル把握無し× 投票権無し× 騙り可◎(暫定案)

スカウトされた側
 ・成功前
人数カウントプロ○側 投票権有り◎ 騙り自由
 ・成功後            ↓
 人数カウント無し× 投票権有り◎ 騙り可◎

  • 細則
 ・プレイ人数による把握や投票権の有無はなく 上記で統一 となる。
 ・スカウトは、GM監視のもと、IPの出ないチャットにて、 匿名にて勧誘を行う 。(スカウトは相手に悟られないように出来るだけ演じる。あえてバラすのもOK)
 ・勧誘の開始は、一日目の仕事以降、いつ始めても良い。
 ・スカウト対象は、 COしていないプレイヤーから1名 のみ。(COしている者へのスカウティングは不可)
 ・ライバル側への寝返り宣言が出来るのは 仕事中 のみ。(ミーティング中でもチャットでの会話は可能)
 ・スカウトされた者は、すぐに結論が出ない場合、 保留 を選択することが出来る。(スカウトが残っていれば、何時の仕事中でも寝返り可能)
 ・事務・受付の判定はスカウトする側、された側、共に白○を保持する。
 ・寝返る前に能力を持っていた者は、寝返った後もその能力を保持することが出来る。(事務・受付・トレーナーのパートナーとの情報共有)

スカウトされた事のCOは基本的に誰にされたかがわからないため、その時点でスカウトが健在である証左以外の効力が見込めない。
故に、上記のCOをした場合でも、保留中であれば仕事中の寝返りは可能。

  • 出張メールについて
役職の質問においては、6種の役職の質問のみ可能なため、寝返った人の判別はできない。(寝返った人の役職は変更がないため)
プロ・ライバルサイドの質問においては、スカウトはライバル●側、保留中のスカウトされた人はプロ○側、寝返った人はライバル●側の判定を出すものとする。
(事務、受付判定はスカウト・寝返り両者共にプロ○側のままである事に注意)







未確定選択ルール

【アイドルマスター・マスターアイドル】
事務員・受付・敏腕の能力の中から2つの能力を得ることが出来る。何を得られるかはGM判断。


【招待】
16人以上で採用。(おまけ能力)に就いた一般P/アイドルorライバルの1名に特技:招待が付く。(GM判断でどちら側かに1名)
5日目謹慎者発表後、招待持ちの該当者とスカウトがまだ残っていた場合、招待持ち該当者側の人数にスカウトも加算される。(1度加算されれば、招待持ちが待機・謹慎になっても効果は継続)
(例:プロ4 スカウト1 ライバル2 でライバル側に招待持ちが残っていた場合、プロ4 ライバル3 となる)
GMは招待持ちがいることだけを告げ、該当者本人にも秘密にしておく。(どちら側かは言わない)
GMは招待持ちの人を待機室にいる人に伝える。(出張ルール適応時は3日目ミーティング開始後)

※加算されても勿論GMからの報告はない。
※勝利条件の人数にスカウトが加算されるが、スカウトの能力・勝利条件が変わることはない。
※加算のタイミングは5日目謹慎者発表後ミーティング前。この結果でゲームが終わることもある。


(メモ)
【移籍願望者】(狐&魔女の改変)スタドリ・エナドリの実装(上級者向け?)
2日目仕事時、GM(社長)にどちら側に付くかを宣言する。
3日目ミーティング開始後よりプロ・ライバル人数判定・投票権利が付く。
プロ側に回った場合はライバルにエナジードリンクが渡される。(2連続謹慎)
ライバル側に回った場合はGMにくじなどで選ばれたP・アイドル(3日目以降活動確定している者)1名にスタミナドリンクを、敏腕・リーダーアイドル(待機・謹慎でなければ)の「仲間の応援を呼ぶ」能力を1回使用することが出来る。(1度だけ100%謹慎を防ぐ。使用タイミングは任意)


※判定が付く前の事務員判断は白と出る。
※出張・ロケになった場合、どちら側に付くかを宣言し、決定後、GM(社長)に質問することが可能。(この場合、スタドリ・エナドリは配られない)
※出張・ロケに行った者が願望者を指名した場合、プロ/ライバル判定後の結果を伝える。
※願望者が3日目ミーティングを迎えられなかった場合、上記効果が発動することはない。
  (3日目ミーティング開始まで、宣言・DM・ライバルチャットに入ることは不可)
※スタドリ・応援のタイミングは仕事中。宣言すれば100%自分を含め守ることが可能。
※エナジードリンクを使用し、2連続謹慎する場合、順番をまとめて宣言すること。
  敏腕・リーダーが先に謹慎された場合、次の謹慎相手を守っていたとしても効果はなくなる。
(例:Aさん(敏腕)守→Bさん(受付) 1番目にAさん、2番目にBさんを狙いますと言った場合  は両者謹慎。1番目にBさん、2番目にAさんと言った場合はAさんのみ謹慎)
※2連続指名の場合、同じ人を2回指名することは出来ない。
※スタドリ(エナドリ)を貰ったという嘘の申告をすることは可能。


議論:願望者がどちらか決めるではなく、予めAならプロ側・Bならライバル側とGMが決めておき、2日目仕事中にAorBを選ばせ該当する側に回らせると不公平がなくなる?狐改変だから強そうな側に任意で移動するのはあり?
予め宣言の場合、待機室にて待機中の人に、2日目ミーティング終了後、A・Bの内訳をGMが発表する。
14人以上で実装orGM判断でスカウトの変わりに入れる?

改変前:プロ側ならプロにスタ。ライバル側ならライバルにエナ(バランス悪くなる?から上記の状態に変更)


  • 10人の時スカウトライバル陣営把握あり・投票なしで初日の事務調査は白orスカウトからランダムはどうか?