※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドルイド

習得条件・命術LV15 地霊LV21

技能の説明

草木から力を得る技能です。LVが高いほど戦闘中の地属性特性/耐性が増加します。
入力すべき内容はありません。

※暫定※ 特性値上昇量 1Lvにつき3(マナ換算)


No, 名前 技能 消費 必須 効果
1321 グレイスフルガーデン ドルイドLV5 100 - - 味全体 / ( 地特性+地耐性+魅了耐性 )が上昇 ■AE:味全体 / 祝福(2)(使用者のみ祝福(3))を追加
1322 アンドロマケ ドルイドLV10 100 - - - 敵単体[地属性(中)⇒味全体/HP回復(70%を分割)]+味方全体[DF上昇]
1323 上位技能:植物覚醒 ドルイドLV15 100 - - - 地特性上昇
1324 飛梅 ドルイドLV20 200 - - - 自分[HP回復(地特性値×10)]+味全体{[HP回復(使用者の地特性x5、条件:残HP10%以下)]+[SP回復(使用者の地特性x0.8、条件:残SP5%以下?)]+[猛毒・炎上・衰弱・混乱・麻痺・凍結を軽減(4)]}
1325 ユグドラシル ドルイドLV30 300 - - - ユグドラシルを召喚 減少SPなし 重複不可



  • グレイスフルガーデン
消費こそ100と重いが、地特性と地耐性の上昇量はかなりのものがある。
地特性上昇量は、4人の時に35。13人の時に16
地属性攻撃に重点を置いて戦う場合、非接触フェイズで使っておくと良い。
魅了耐性の効果のほどは不明。

  • アンドロマケ
結果上の表記では「ダメージ」⇒「回復+DF上昇」×人数分となっているが、
DF上昇は直前の攻撃が外れても発生する。見方を変えれば、DF上昇のついでに攻撃とも言える。
威力は高い。通常攻撃の2倍から、地特性が高ければ3倍も超える模様。
回復付きの地属性攻撃にはブラッドストーン(命術魔石)が存在するが、こちらはDF上昇がある点と、必須武器がない点が少し違う。
ただし、威力的にどうやら純魔のようで物理が使いこなすには難しいようだ。

  • 飛梅
HP回復の発動条件は、対象のHPが10%以下であること。
SP回復の発動条件は、対象のSPが5%以下であること。

技の最後に状態異常(猛毒・炎上・衰弱・混乱・麻痺・凍結)を軽減。
味方(発動条件は満たしていない)の混乱深度4→2に軽減。使用者の麻痺深度4→0で消失。
状態異常によって軽減量が違うか、軽減量が何かに依存して変動している可能性がある。

なお「飛梅」とは菅原道真の飛梅伝説が由来と思われる。

異常軽減⇒猛毒.炎上.衰弱.混乱.麻痺.凍結
軽減不可⇒魅了.睡眠

  • ユグドラシル
ユグドラシルを召喚する。前衛。
付加は活力LV3と防御LV3を2つずつ持ち、頑丈。
使用者にもよるがMHP2300以上、MSP200以上はあると思う。
(体格679、魔力50、召喚12所持が使用した場合、MHP6976 MSP335)
また「世界樹の恵み」という特有の付加を持つ。

「世界樹の恵み」の効果は、ユグドラシルが攻撃を受ける度に
一番HP割合の低い味方のHPとSPが回復するというもの。
HP回復量の計算式は「MHP*0.03+100」。SPの計算式は未詳。

通常攻撃は弱く、期待できない。
基本的にアースシールドを使ってパーティ全員のDFを上げてくれる。
また瀕死の相手が居る場合はラストリーフでとどめを刺す。

消費は重いが優秀な壁。
敏捷の低さが世界樹の恵みを生み、ラストリーフの確実性を増してくれる。

ユグドラシル(召喚獣)データ

※MHP/MSPは、召喚者依存
隊列 射程
前衛
付加
活力LV3・活力LV3・防御LV3・防御LV3・世界樹の恵み
設定 SP 効果
通常時 ラストリーフ 60 敵全体/HP減少:対象のHPが多すぎると不発(0~25%以下?
通常時 アースシールド 25 味方全体 / ( DF+地耐性 )上昇
世界樹の恵み:
被弾時に100%発動。
対象は味方単体。対象MHP*0.03+100、MSP*0.03+20を回復。弱者追尾。