サイトカイン受容体と非受容体型チロシンキナーゼ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@サイトカイン受容体と非受容体型チロシンキナーゼ




  多くの受容体は、酵素活性をもともと持っているのではなく、細胞内の非共有結合しているチロシンキナーゼを刺激することで役割を果たす。この受容体のファミリー(サイトカイン受容体スーパーファミリー)の中には、大多数のサイトカイン(インターロイキン-2やエリスロポイエチン等)受容体やポリペプチドホルモン(成長ホルモン等)受容体が含まれる。チロシンキナーゼ型受容体に似た、サイトカイン受容体は、N末端細胞外リガンド結合領域と、膜貫通αへリックスと、C末端細胞質領域を持っている。しかしながら、サイトカイン受容体の細胞質領域での触媒活性は知られていない。その代わり、サイトカイン受容体は非受容体型チロシンキナーゼと会合して機能していることが知られている。非受容体型チロシンキナーゼはリガンド結合によって活性化する。
  サイトカイン受容体からのシグナル伝達の最初のステップは、リガンド誘導性受容体が二量体になり、(受容体に)結合している非受容体型チロシンキナーゼが互いをリン酸化すること、だと考えられている。これらの活性化されたキナーゼは、受容体をリン酸化する。そしてSH2領域を持つ下流シグナル分子のリクルートのために、リン酸化チロシン結合部位を供給する。それ故、非受容体型チロシンキナーゼのくっついているサイトカイン受容体の複合体は、(前章で話した)受容体型チロシンキナーゼと似たように機能する。
  サイトカイン受容体に結合しているキナーゼはヤヌスキナーゼ(JAK)ファミリーに属する。JAKファミリーは4つの非受容体型チロシンキナーゼ類のものから成る。(補足:JAKファミリーキナーゼは、それぞれがシグナル伝達において独自の役割を持つ4つの分子(JAK1, JAK2, JAK3, Tyk2)で構成されている。 ) JAKファミリーに属するものは、どれも、サイトカイン受容体からのシグナル伝達に必要とされているようだ。このことは、これらの受容体を、細胞内の標的をチロシンがリン酸化することへ誘うのに、JAKファミリーキナーゼが大きな役割を果たしていることを示している。
  また、Srcファミリーに属している非受容体型チロシンキナーゼもある。Srcファミリーは、Srcとこれによく似た8種類のタンパク質から構成される。すでに記したとおり、Srcは最初に、ラウス肉腫ウイルスという癌のタンパク質として発見され、チロシンキナーゼ活性を持つことが発見された最初のタンパク質だった。それゆえ、現在、私たちを細胞のシグナル伝達についての理解へと導いてくれる実験において、とても重要な役割を果たしてきた。Srcファミリーに属するものは、受容体型チロシンキナーゼを、Bリンパ球・Tリンパ球の抗原受容体から下流へシグナル伝達するのに重要な役割を持っている。(この章の後ろで説明するが)細胞外マトリックスへの細胞接着部位において、インテグリンから受容体型チロシンキナーゼをシグナル伝達するのにも重要な役割を担っている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。