※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナイト・ステータスタイプ別考察


タイプ別評価一覧表


勝手な五段階評価です。★が多いほど高くなります。
一般的タイプ名 ソロでの育成難易度 お金のかかり具合 通常狩りPT前衛性能 BOSS狩りPT前衛性能 対人性能
VIT槍 ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★★
AGI両手剣 ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
AGI槍(スイッチ) ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
STRバランス ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
その他のステ - - - - -
INT槍(STR≧VIT=INT) ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
神速(AGI≧DEX) ★★★☆☆ ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
村正特化(AGI>LUK) ★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
宝剣(INT-AGI) ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
肉壁(AGI-VIT) ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★

VIT槍

  • STRを中心に上げ、防御ステにVIT、スキルを使うSPと命中率に困らないDEXを確保したタイプ。高いHPでPTの前衛としては優秀な反面、それを実現するには高精錬・優秀な防具が必要となる為、防具に最もお金のかかるタイプです。
  • 一般的なステータスはSTR100↑(推奨は110)、VIT60~100、INT12~18、DEX50程度。
    好みや目的(STRカンストとかVIT100でスタン無効を目指したり)に応じてステを調整してももちろんOK。
  • ソロ狩りはピアースなどのスキル中心になるため、SPの管理も重要。レモンなどのSP回復財も必要になります。
    しかし武器がある程度整えばソロでの育成自体はそれほど困難ではありません。HPに関してはVITが高くなればダメージもすこし減り回復量も増えます。
  • ソロ性能も高い方ではありますが、どちらかというとPT向きの性能なので、VIT槍初体験の時はソロばかりではなく、積極的に臨時PT等に入ってPT時の立ち回りを覚えた方がいいかも。
  • グラウンドデリーターc(近接物理攻撃でモンスターを倒した時、SP10回復。SP回復力-100%。装備解除時SP100減少)があれば、ソロ時のSP管理が大変楽になります。
    ただし、過信しすぎず緊急時用のレモンは持っておいた方が良いでしょう。この場合更にINTを削って他ステに回すのもアリ。

育成

  • 最終ステータスをだいたい決め、目標または狩場で困らないDEXを確保したらSTR先行で上げていくほうが楽です。STRが90~100くらいになったらVITに振りましょう。高STRでないとピアースの威力が出ずSPを多く使うことになり、育成がつらくなります。
  • あとはVITとSTRをどこまで上げるか好みで決めましょう。
  • 武器・・・属性パイク、特に水と火は最優先でほしいところです。続いて特化パイク(対人・対大型・対闇など)を狩場にあわせて揃えましょう。
  • 防具・・・レイドリックc挿し肩、三減盾は最優先で入手しましょう。これらが無いと回復剤がつらくて滞在時間もお金も少なくなります。あとは狩場にあわせて属性鎧や頭装備を揃えつつ、徐々に高精錬のものを整えて行きたいところです。
    ・・・しかし盾と肩以外はぶっちゃけ店売り最強ALL+4程度でも転生までは十分可能。上級ダンジョンへいく場合はちょっと心もとないかも・・・
  • お金のかかり具合がハンパじゃないため、1stキャラで作るのは避けた方がいいかも。金銭的な余裕が出来た時からを推奨します。
    しかしROは好きな事をやるのが一番。興味があるなら1stキャラにVIT騎士というのもまた一興です。

PTでの役割

  • 後衛の火力職がいる場合は壁役に徹し、PTメンバーを守ることに集中します。タゲの確定・SGの氷割り・後衛に張り付いた敵のタゲをはずす、耐え続けて死なない事などなど。やることは多く状況判断や敵の特性・AIについての知識が必要です。
  • 後衛火力がいない場合(プリペア・プリ+中衛など)はさらに殲滅力も求められます。敵のサイズ・種族や属性を見極めて有効な武器を持ち替えたり、スキルとSPの管理などが必要になります。
  • いずれの場合も、プリーストがいるからといってHPSP回復財や緑ポーションなどを持たないのはありえません。また前衛としてタゲを受け持つ以上耐える事は絶対条件であり、自分の耐久力とPTの火力を考えながら敵と対峙しましょう。進む・退くの判断も重要です。


AGI両手剣

  • AGIをカンスト付近まで上げ、回避力による防御とツーハンドクイッケンを活用して手数で敵を倒していくタイプです。またボウリングバッシュを取得するケースがほとんどの為瞬間的な火力も高いのが特徴です。
  • 反面、VITを振らないケースが多くHPはオーラ付近でも10k未満なため、また盾が持てないためやや打たれ弱くPTの前衛としては一歩劣ります。
  • ステータスの目安はSTR70~80、AGI91~99、INT12or18、DEX40~50といった感じ。安定のためにVITを少し振ると後半が楽になります。
  • ソロ狩りは2HQを常時使用して通常攻撃メインで。複数の敵に対してはうまくまとめてBBで処理。BBの特性を把握しておくことが大切です。
    SPを使うことはBBもしくは初撃のバッシュ程度の為、SP回復財にはそれほど困らず、回避が基本の為ウィスパーc挿し肩は必須ですが、それ以外は最低限の防具でもなんとかなるため、お金はそれほどかかりません。

育成

  • 防御=回避のため、狩場に必要な95%Fleeを確保するのが大前提になります。それを達成しないまま狩るのは破産への近道です。
  • 多少のSTRと敵に当たるDEXを確保したらAGI先行で上げていきます。回避はレベルとともに上昇するため、非シーフ系のAGI型は完成が遅くなりますがじっと我慢。
  • まずほしい武器は水属性の両手剣。これと回避179↑があればピラミッドD地下2Fでミノタウロスが狩れます。ちなみにウィスパーc込みFlee179の目安としては、STR54+6 AGI82+2 INT12 DEX36+4 他初期値のBase76/JOB45程度。それまでは炭鉱3FやSD2F、おもちゃや兄貴村などでがんばりましょう。
  • 牛に飽きたら属性武器や特化両手剣をそろえて時計3F・オットー海岸・亀島地上・ノーグロード1層なども挑戦してみましょう。それぞれ属性鎧があると楽になります。
  • 各種槍騎士と比べるとあまりお金をかけずとも十分な強さになります。よって、VIT槍騎士とは真逆にこちらは1stキャラに適していると言えます。
    騎士、または前衛キャラ初体験時でも基本を掴むには一番。(と、筆者は思っています)

PTでの役割

  • 自分しか前衛がいない場合は決して無理をしないことが肝心。特に高ATKの敵に対しては即死もありえるので慎重に行動しましょう。
  • 主な役割は火力・敵のまとめ・SGの氷割りなど。前衛というより中衛的な役割になるため、PTでの前衛的な需要は少ないと思います。
  • 普段両手剣を使っていても、PT時には盾を持ち壁に徹する方が何かと有難がられます。壁に徹する気ならば武器はフォーチュンソード(LUK+5 完全回避+20)を。


AGI槍(スイッチ)

  • 防御ステをAGIにした槍型騎士。ピアースなど槍スキルを生かすために高STR(100以上)ほしいところです。高ASPDによるピアース連打で殲滅スピードはトップクラス。しかしSPの減りもトップクラスなのでSP回復財が必要です。
  • 盾を持てるAGI型のため前衛としての安定感はかなりのもの。しかしVIT槍型まで無理はきかないのでその点は注意しましょう。
  • STRとAGIが完成するまでは両手剣を使うほうが育成が楽だったりします。
  • 武器(槍と両手剣)、三減盾や防具などお金もそれなりにかかり、AGI両手とVIT槍の中間=中途半端と取られがちですが、いろんなところへ行けてソロもPTもある程度こなせるのが特徴です。しかしAGI型の宿命か、やや大器晩成。

育成

  • AGIを確保しつつSTRも上げていく必要があるため、狩場のレベルを上げにくいかもしれません。Base70くらいまではSTRとAGIをフラット気味に伸ばし、先にSTRを完成させて多少被弾しつつ槍スキルとHP回復財で狩るか、AGIを確保しつつ足りない殲滅力をSP回復財で補うかといった狩り方になるかと思います。
  • 範囲攻撃にボウリングバッシュを選択しておくと、前提で2HQも取れる為に何かと便利。AGI高めのステータスタイプのため2HQも使いこなせます。
  • ピアースにはhit補正があるため、DEXを抑え気味にしてその分をSTRにまわすことも可能です。
  • Fleeが200を超えるのはBase90台になる事が多いため大器晩成ですが、完成後は効率もアップし転生まではそう遠く無いでしょう。
  • ソロ時は基本的に両手剣を使う方がラクかも。PT時や大型の敵が多い狩場なら片手槍と盾を。

PTでの役割

  • 回避しつつ盾で耐えるため、両手剣型にくらべるとPTでの前衛も多少務まります。しかしやはり上級ダンジョンなどの高ATKの敵に対しては厳しいようです。
  • 前衛としての立ち回り・SPの確保・横湧きやタゲ管理などの後衛の保護など、忙しいポジションでもありますが、いろいろやってみたい方にはオススメです。


STRバランス型

  • VIT槍騎士からVITを削り、ASPDと防御ステとして実用的な範囲までAGIにも振ったタイプ。STR100↑、VIT40、AGI60程度が最低ラインなので、それまでが他に比べてややつらめの大器晩成型。
  • 完成後はそれぞれの特化型には及ばないものの、両者の特徴を受け継いで殲滅力もある前衛として活躍ができます。しかし防具と武器両方を充実させる必要と、HPSP回復財を大量に使う為お金はかかります。
  • 他ステ型と比べても特に転生による恩恵が大きい型です。
  • Lv80台くらいまでは中途半端。本番はLv90以降。特に90台後半からの性能はかなりのもの。
  • スキル連打狩りになるためSP回復財とSp装備(ウィロー頭・ミストレスの王冠など)が必須。回復財の消耗量はVIT槍のそれをも超えます。

育成

  • 基本的にはVIT槍に準じます。
  • DEXを確保しつつまずはSTR先行が基本。STRが完成し終わった後に、VIT40AGI60の最低ライン完成まではVIT・AGIどちらかを先行させたほうが楽だと思います。
  • その後はソロとPTどちらを優先するかで伸ばしていきましょう。ソロならAGI、PTメインならVIT。
  • INTは補正込み12or18欲しいですが、SP回復財がたくさん使えるorDEXや他パラメータ優先なら初期値でもOK。SPをとにかく使うので30程度まで伸ばすのもアリ。
  • AGIが防御ステとして効いてくるのはBase90↑なので、基本的な狩り方はVIT型に準じますが、耐久力が無いので狩場のランクはすこし抑え気味になります。
  • AGI高めならば2HQも使いこなせるちょっとしたスイッチ槍騎士にも。

PTでの役割

  • 完成すれば前衛としての性能はかなりのもの。幅広い活躍ができます。
  • 完成後は特に通常狩りにおいてはINT槍と双璧を成すほどの高性能に。対BOSS、対人もそこそこはこなせます。
  • 高STR高速スキルでの殲滅、そこそこ避ける、そこそこ耐える。いろいろやってみたい人にはオススメですが、初めて騎士をするにはややきついかもしれません・・・資金的に(笑)


その他のタイプ


INT槍(STR≧VIT=INT)

  • VIT槍のVITを狩りにおける実用レベル範囲内まで削り、その分をINTに回した型。STR100↑、VIT60、INT60辺りが目安かと思われます。
  • VIT槍が対人・対BOSS特化とするならば、こちらは通常狩り特化と言ってもいい性能です。尽きぬSPによる高火力を持続した狩りが可能。
  • その他はVIT槍に準じます。勿論装備にはお金がかかりますが、高INTによるSP回復量のおかげでVIT槍・STRバランスよりは回復財の消耗を抑える事が可能です。
  • 瞬間火力アップの為に、余裕があれば多少AGIに振るのもアリ。ただし他ステが完成しポイントが余った後での方が良いでしょう。


神速(AGI≧DEX)

  • 一撃の重さよりもとにかく手数で勝負するタイプ。両手騎士の中でもさらにスピードを追求、あるいはスピードに魅せられた型です。
  • AGIカンスト前提、DEXも70~80↑が目安のため、STRは低め(10~50程度)になります。そのため高DEFの敵はすこし苦手。オットーを切り刻め!
  • AGI=DEX=99の二極はかなりのロマンです。


村正特化タイプ(AGI≧LUK)

  • 「村正はLUK>Baseだと呪われない」という仕様を利用した高速クリティカル連発タイプ。基本はクリティカルになるのでDEXはほとんど上げませんが、AGIとLUKに大幅にステータスポイントを使う為、STRにもあまりポイントが使えなくなり、殲滅力はやや低くなります。またDEXもSTRも低い為、アクティブスキルが有効に使いづらいです・・・BBは絶望的\(^o^)/
  • その反面、単独でのASPD190やLKになればコンセ・オラブレでの4桁クリティカル連打も夢ではありません。見た目の派手さはTOPクラス☆

☆参考ステータス Lv99 コボルドロザリオ×2、ガラスの靴装備時
Str30+10 Agi99+2 Vit1+10 Int6 Dex14+6 Luk89+11

  • 育成に関しては、LUK>Baseを意識していきますが、AGI完成までは村正を封印して両手騎士として生きたほうがよさそう。狩場は単一属性で大型の敵が多いところがオススメ。最終STR他の完成ステを決めた上で、支障の無い範囲でDEXを振るのもあり。


宝剣(AGI-INT)騎士

  • STRではなくINTに振り、両手剣のAS(オートスペル)や宝剣手動ボルトで戦うタイプ。AGIと2HQでAS発動の機会はとても多くなりますが、AS発動の機嫌次第で殲滅時間がかかったりかからなかったり。
  • ちなみに両手剣でASが発動するものはシュバイチェルサーベル(L4武器・ASライトニングボルトLv.3・MVPイグニゼム=セニアDROP)のみ。2HQできませんがファイアブランドやアイスファルシオン、ヘルファイヤなども十分な火力になりえます。聖槍(プリューナク)が入手できれば1kヒールも夢ではありません!
  • ウィンドゴーストcやオウルバロン・オウルデュークのセットが欲しくなるかも・・・
  • INTを少し抑えてSTRに30~40振り、通常攻撃のダメージを確保するのもAS型には有効です。特にシュバイチェルやAS槍はATKが高い為、少しSTRを振るだけでもダメージの底上げになります。この場合BBやバッシュ連打もある程度可能になります。


肉壁(AGI-VIT)騎士

  • 二大防御ステータスであるAGIとVITを極限まで高くした騎士。よく耐えてよく避けるの絶対的な耐久力を持ちます。ただし、その他のステは低くなるので、所持重量及び火力は完全にお察し。
  • ソロでは2HQを所持しているならば、両手剣を持ってそれでゴリ押しすると普通に何とかなります。勿論倒すのに時間はかかりますが。
  • PTでは槍と盾を持ちつつ、最高峰の前衛性能でPTの身を守る事に徹しましょう。ただし、STR騎士と違い所持重量にあまり余裕が無い為、調子に乗りすぎるといざって時に回復財が無い!なんて事態に陥る事も。
  • また、VITが100を超えているならば村正を扱えたりもします。(VIT100↑で状態異常呪いに対する完全耐性→そもそもかからなくなるため)
  • 両手剣、槍、盾。いずれも使う場面があるので、お金もかかるかも。
  • このタイプの騎士を作る場合、まずはAGI先行で上げる方が育成はラクです。VIT先行はキツい。