※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンター・立ち回り


PT時におけるハンターの基本的な動き方などについて。



PT時の立ち回り

基本編

PT時にハンターに求められる役割は後衛としてのダメージソース・他の後衛の保護などになります。
盾が持てずVIT型が少ないため防御面に不安があり、まず「不用意にタゲをもらわない」用に動くことが大事です。
  • 前衛・プリなどより前に出ない
  • 詠唱でタゲを取らない
  • 万一タゲられても逃げ回ったりしない→余計なタゲをさらに取る可能性大です
特にタナトス↑、生体など高レベルDで逃げ回るとPT決壊を招く可能性もありますので、支援さんを信じてSWやヒールが来るのを待つほか、自衛の手段としてCAやAS、罠も使えるとベターです。

またハンターは瞬間火力はかなり高いものの、DSをはじめとするスキルのSP燃費はとても悪い為、通常のPT時にはDS連打などしないほうがよいでしょう。
  • メインで狩る敵…DS→通常攻撃など抑え目で
  • 狩場で要注意な敵(GHのハゲ・レイドアチャなど)や横わき・後ろわきで後衛がタゲられた→DS連打で瞬殺
といった感じで使い分けることが肝心です。普段からDS連発しても他のPTメンバーがすることがなく、また本当に連打が必要な時にSPが足りなかったりするとヒンシュクものです。

緊急時を乗り切る手段として罠スキルがありますが、無理に使わなくてもよいと思います。
ただMHで多くの敵に囲まれた時などにアンクルやサンドマンをうまく使えるとより安全に乗り切れるでしょう。

交戦中の立ち位置については、弓の長射程を活かして最後方に近い位置辺りから攻撃をする感じでかまいません。その方が前衛も支援さんも動きやすくなります。


他職との連携

前衛・支援・火力職との連携についてまとめておきます。
VIT前衛系
  • V騎士・Vクルパラなどがいる場合は、前述の通り彼らより前に出ないのはもちろん、攻撃も前衛がFA(ファーストアタック)をしてから攻撃する、くらいの方が間違いありません。
    (敵AIによっては、最初に攻撃した相手をタゲるとタゲを変えにくいものもあるため)

AGI前衛系
  • アサシンや両手騎士などのAGI職が前衛の場合も基本は同じ。まず前衛がタゲを取るのを確認してから攻撃しましょう・
  • ただし3体以上の敵に囲まれたり、スタン攻撃を食らったりするとピンチになるので、その場合はDSで数を減らしたり、罠やASなどでタゲをはずしたりすることも必要です。

支援職
  • アコライト・プリーストの各種支援スキルは詠唱やディレイがそれぞれあるため、常にヒールが来るとは限りません。回復剤を常に携帯し、無用なタゲはもらわないように。
  • プリは自ヒールや盾などにより高ATK攻撃で即死とかでないかぎり、タゲられても耐えることができます。とはいえVIT型以外では早めに張り付いた敵を殲滅しましょう。
  • プリペアの場合はプリさんより前に出ないように。ただし深淵など装備破壊をするような敵に対してはタゲを取ってアンクルにはめるなどで対処しましょう。

火力職
  • お互い殲滅役とはいえ、PTは競う場ではありません。
  • 特にWiz系の場合はスキルに詠唱があるため、詠唱が終わるまえに敵を倒してしまうような猛攻撃は必要ありません。スキルが発動するまでの時間を稼ぐために攻撃する感じで。
  • Wizさんはハンター以上にもろい場合もあるので、極力意識して守っていきましょう。

その他気をつけるべきポイント

  • 回復アイテム・蝶の羽・SP回復剤少々にイグ葉数枚・緑ぽ数個はPT時の必需品。他には狩場につくまでのハエの羽なども。
    プリさんが倒れた場合は高DEX高Fleeのハンターがリザ役に最適です。
  • 狩場に出現する敵の属性を把握し、最適な矢を適宜持ち替えて攻撃することは弓手として必須です。できれば弓も相手に合わせて持ち替えられるとベター。
  • 矢筒・矢も十分に用意していきましょう。材料を数個ずつもっていくのも有効です。重量的にきつい場合や長時間の狩りになりそうな場合は前衛職に予備を持ってもらうのもよいでしょう。
  • 罠もなるべく多少もっていくと便利です。数は自分の罠スキル(テクニック)や使用頻度と相談で。30~50個あるといいかもしれません。