※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


アサシン・アクセサリー考察


リング、S1リング

STR補強装備。スロット無しはSTR+2、スロット付きはSTR+1でLv90以上限定という性能です。
(以下のブローチ、イヤリングに関してもスロット付きは単品だとスロット無しに性能が劣ります。
スロット付きはカードを挿してこそ、という事ですね。)
こちらの装備は物理攻撃主体のアサシンは勿論のこと、威力追求SBr型アサクロにも需要があります。
露店で非常に安い価格で出回っている点もポイント。

ブローチ、S1ブローチ

AGI補強装備。こちらは物理攻撃主体で、かつASPDを極めたいという方には需要があるようです。
値段はそこそこ。

グローブ、S1グローブ

S1グローブにゼロムcを刺した、通称「ニングロ」は弓手系やプリ・Wiz・Sageにとっての最終装備候補ですが
アサシンではあまり縁が無い装備かも。

イヤリング、S1イヤリング

ソウルブレイカー型に需要あり。ただし、S1イヤリングの値段を見ても泣かない。
また、カードでINTを補強出来る装備が存在しない為、最終的にはソウルブレイカー型でも
マンティス刺しリングの方が有効になる場合が多いかも。

ロザリー、S1ロザリオ

LUKの値が上がる為、クリティカル型アサシンにとっては需要があります。
また、同時にMDEFも上昇する為、魔法が飛び交う事が常のGvに出る場合でもこちらを使用するケースが多いです。

S1クリップ

装備重量が低い、安定した産出がある、レベル制限が無い、職業制限が無い、SP+10の効力が地味に大きい、等々。
これらの理由でかなりの汎用性を有している為、スキル使用系カードを刺す場合はこれがお勧めです。

忍の腰帯

その真価は忍者スーツと共に装備した時に発揮されます。ブラギに乗ってソウルブレイカーを撃つ場合は是非。
地味にSTR+1、AGi+1の効用があるのも大きいです。

ハイパーモードチェンジャー

重量100とやや重いものの、アーマーと一緒に装備する事により
飛躍的にDEFを上昇させることが出来るアクセサリーです。耐久力が欲しい場合に。

ヴェスパーコア

レアアイテムで、かつ転生二次職限定ですが、その効力は目を見張るものがあります。
お勧めはヴェスパーコア2とヴェスパーコア4。
以下に簡単に効用を纏めておきます。

ヴェスパーコア1(INT+2 MSP+5%)

正直、大金を出してこれを買うくらいならS無イヤリングを装備する方が良いかと思われます。

ヴェスパーコア2(STR+3 ATK+10)

恐らくどんなステータスのアサクロでも有効に活用出来るものと思われます。
この装備によりSTRの位が繰り上がるようであれば、更に有効。
しかし、純粋にSTRの補正のみを求めるならば、マンティス刺しリング(STR+4)には負けます。

ヴェスパーコア3(AGI+3 FLEE+5)

高AGIによる回避型アサシンに有効。ただし、AGI+3の補正はククレ刺しブローチで代用可能です。

ヴェスパーコア4(DEX+3 HIT+10)

アクセサリーでHIT値を補強出来るのが強み。攻撃が当たりにくい敵に対してはかなり有効です。

The Sign

長編クエスト「The Sign」をクリアした時に送られるアクセサリー。
その効用は「最終ダメージを5%アップさせる」というもの。
2つ装備すると効用も重複しますが、カード部分での適用という処理のためか
SBrにはThe Signの効用は適用されません。
よくカマキリングとSignのどちらが強いか、と比較されますが
一般的な評価は STR120>STR110&Sign×2>STR110 と言われています。

アクセサリーカード


  • マンティス(STR+3)
STR補強用。同じくSTR補強装備であるS1リングと組み合わせるのが一般的です。
たまにマンティス刺しリングの完成型が露店に出回る事もあるので、それを狙ってみるのも手です。

  • ククレ(AGI+2)
AGI補強用。やはり組み合わせるのは同じAGI補強装備であるS1ブローチへ。
AGI、及びASPDを極めたい人は是非。

  • ヨーヨー(AGI+1 完全回避+5)
完全回避は囲まれ判定時のFLEE減少とは関係なく、無条件で完全回避の値の%分回避が発動するので
PT時などでは地味に強力。装備するならば2個同時に装備する方が良いでしょう。
ファルコンローブ、ワイルドローズ刺し靴、フォーチュンソード二刀装備と併用するととんでもないことになるかも。

  • コボルド(STR+1 クリティカル+4)
クリティカルの値が上昇する為、カタール使いと実に相性が良いカードです。
コボルドcアクセサリー×2装備とTCJ装備で、たとえLUKが1でも相当な確率でクリティカル攻撃を繰り出せる為に
高DEF高FLEEのMOB対策として、二刀アサでもTCJと合わせて確保しておきたいカードでもあります。
その他、STRも上昇するのも地味に大きいです。

  • マリンスフィア(マグナムブレイクLv3使用可能)
素アサにとっては唯一の無条件で使用が可能な範囲攻撃であり
アサクロにとってもメテオアサルトの詠唱中断が気になる方には欲しいところ。
Lv3とはいえその威力はなかなかのものであり、上手くいけば1500程度のダメージを与えることが出来ます。
また、EDPの効果が乗るので、EDP使用後に使うと4000~5000以上の範囲攻撃となります。
ブラギによるディレイカットも可能。ブラギEDPMB連打は一見の価値ありです。

  • ビタタ(ヒールLv1使用可能。消費SP25%アップ)
低INTのキャラが使用してもイマイチです。
なので、その真価は高INTであるソウルブレイカー型のアサシンクロスがソロで行動した時に発揮されます。
高いSP回復力と高INTによるヒール回復量増大もあり、回復財が全く不要になってしまうほど。
消費SP25%アップのデメリットがあるものの、こちらの問題は持ち替えをする事によりほぼ解決します。
ただし、お値段も非常に高いので、入手したいと思っている方は覚悟が必要です。

  • クリーミー(テレポートLv1使用可能)
狩場への移動時、ハエの羽消費数軽減などに。あって損はありません。
が、こちらも低INTのキャラだと消費SPがネックとなってくるかもしれません。
また、テレポートの移動は一度テレポート使用窓を出してから改めて飛ぶという二段構えな為に
どうしてもタイムロスが生じてしまう一方、ハエの羽は使用後すぐに飛べるという利点もあります。
なので、両方とも持ち歩くのがベストであるといえます。

  • フェン(詠唱中断されなくなる。詠唱時間25%増加)
素アサでは全く不要です。
が、ソウルブレイカー・メテオアサルトに詠唱中断が発生するアサシンクロスでは必要になってくるケースも。
この場合、詠唱時間増加のデメリットが気になるかもしれませんが
元々両スキル共に詠唱速度が速い為に、殆ど気にならないレベルでしょう。
また、同じ詠唱中断防止系で詠唱時間30%増加のパピヨンcという下位互換も存在しますが
アサクロはおろか、プリやウィザードにとっても25%増加と30%増加の差は誤差程度なので
下位互換というイメージや産出量のおかげで安値で売られているパピヨンcを購入する、という手もあります。

  • アリゲーター(遠距離攻撃ダメージ5%減少)
現在の仕様では魔法攻撃に対してもこちらのカードの効果が適用されるので
他にも強烈な遠距離攻撃が多数飛んでくる対人戦では推奨とされるカードです。