リオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リオン
カジュアルな服装を着こなす20代前半な見た目の青年らしい。
なっがくて癖毛な黒髪で、それを髪留めで纏めている。
こおりのジュエルで出来たネックレスをものすごく大切にしてる。そのためかほんのりつめたい。
好きな食べ物はモモンの実、常に持ち歩いては腹が減るたび食ってるらしい。
特にポケモンと触れ合うことを好み、相手の性別問わずもふもふぎゅーしたりして殴られることがあるとかないとか。
性格は粋とか絆を大切にするタイプ、よく「にししし」と笑います。
嘘を吐く頭は持ち合わせてないと言い切るレベルのたんじゅん、いじられると良くも悪くもいい反応をする。
心優しい性格だが、その実色んなことを考えて動いているようにも思える節があり、幻影のように靄掛かった人柄。
光子の扱い?に長けてるらしい、なんじゃそりゃ。


実はポケモンの姿と人間の姿、両方を併せ持つ。
だがハーフでもなければ、どちらかの能力を他方の姿で使えるわけでもない。



今現在、持っている懐中時計を介して、以下の時間に関する能力1~3を行使できる。
1.自分の移動速度を速くする。
 書いて字の通り、対象は自分を基本として、周りよりも速く動くことができる。
 これを応用して瞬間移動のようなことも可能、多分ひとりでダブルスもできる。
2.自分の移動速度を遅くする。
 書いて字の通り、対象は自分を基本として、周りからはスロー再生を見てるかのような挙動が出来る。
 重力なども無視できるらしく、その場でジャンプしてもゆっくりと飛びあがっては落ちるし、
 ちょっとやそっとの外部からの刺激では彼の行動は阻害できない。
 更に、彼が放出した力が発散しにくくなり、彼が外部に対して齎した影響もスロー再生のようにゆっくりと広がることで、
 彼が外部に対して与えた影響が重ね掛けされる。
 この状態で攻撃されると力が長い間その部分に残って広がるため、鋭い痛みをゆっくり味わうことになる。
 「遅いことがこれほどに厄介」と思わせられる能力。
3.自分の周りの時間を止める。
 書いて字の通り、対象は自分の周りの空間全体として、時間を止めることができる。
 通常であれば他者は時が止まった世界とその中で行われたことを認識することができず、
 能力発動直後に時間停止世界での行為の結果がそのまま間髪入れず現実世界に反映されているように見える。
 だが時間停止世界での彼の動きを意識的に見ることは可能で、
 その条件は「時間停止を発動する瞬間の彼を目で捉えること」らしい。
 更に聞くに、この時間停止世界の中に介入する方法もあるらしいが……?
以上の能力を使用する時、彼の懐中時計の前面にそれっぽいエフェクトが浮かぶらしい。
また、能力使用中は懐中時計の時を刻む音に影響が出るため、それで以て判断することも可能。
4.使用者を憑代に、時計の力の根源を出現させる
 この「敗者の時計」はとある存在の力の一部を閉じ込めたもの、といわれており
 使用者を憑代として時計の力を宿すことで、一度限りその力を最大限発揮させることができるという
 使用者がどうなるか定かでない、極めて危険なやり方であるが…彼にとっては最大最後の切り札のようだ




リオンの持つ本来の能力について
彼が持つ能力は「管制」である。
何かを生み出すことは出来ないが、元々そこにあるものの管理者権限(便宜上)を乗っ取って自在に操作することができる。
対象の権限さえ自分上位に書き換えてしまえば、誰かの身体を本人の意思を無視して操り人形みたく動かすことや、
人間でないもの…例えば周囲の重力操作や気圧変動などをもやってのける。
そういう意味では彼が自称した神というものも、強ち間違いではないのかもしれない。
現在はその管制の力で以て、時計の能力を操作している。
その間は本来の力は時計の制御に集中するためか使えなくなる上に、
時計の持つ力に影響されるのか元は赤い髪が黒く染まってしまうようだ。

…その気になれば周囲の時間も自身の力で止められそうなものだろうに、彼はどうして時計を使うのか?
また、本来の力と引き換えにどうして彼は時計に頼るのか…?
いつか彼の口からそれが語られる時…それを聞く相手と相見えることになるのだろうか。


keyword:兄貴気質,管制,一途,ハーレム属性?

舞台は整った。
後はその時を待つのみ。
リオノアールはもう迷わない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。