ランジェ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族:マフォクシー
性別:ランジェ
概要:皆さんお察しの通り、彼?はポケモンでした。
 ポケモンとしての見た目も、雄にしては艶かしすぎ、雌にしては雄々しすぎ、彼?も自分の性別を明らかにしないようです。
 身体のにおいも彼?好みの香水がばっちりかき消している辺り、徹底して隠してるように思えます。
 口がべらぼうに達者で、禅問答が好きな辺りひねくれた性格にも思えるが、貶した後のフォローはちゃんとするみたいです。
 相手を貶す時は敬語になるという設定があったけど、最近はずーっと敬語だったりよくわからない特徴があるみたいです。
 今は…というか、昔から、べらぼうに古くて無駄にでかくてバカみたいに広いと評判の図書館に棲んでいることが最近分かりました。
 ロッキングチェアに腰掛けながら、分厚い本をゆったり読むのが最近の日課。

 彼?は言葉を実体として扱う力を持っています。
 言霊を色んなものを介して扱っている…といった方が理解は速いかもしれない。
 ただ、発した言葉が力を持つ…という本来の意味だけでなく、そこにあるものから言霊として抜き出すことも彼には出来る模様。
 例えば、誰かの歴史を言霊として抜き出して書物にしたりと…その応用範囲は広い。
 彼?が性別不明なのも、言霊を使ってそうしているから…という説すら存在する。
 そこまでに、彼?の操る言葉の持つ力は強いのだ。


 keyword:脚本家,司書,言霊使い,権能持ち?,性別不定,第四の壁

 実は第四の壁を認識する、いわゆるメタフィクション役。つまりネタバレ係です、ハイ。
 今回はアルデバランにまつわるシナリオ一式を彼?が記録しており、そのすべてをヒストリアに収集しているという。
 それらを総合的に考え…第四の壁を超えた先の意識を汲み取りながら、次に起こりうることを予言しているらしい。
 ヒストリアにある書物の一部は、もしかしたらここの過去ログ?という説すらある。
 また、それに関わらず未来のことまでは深くは分からないが、アルデバランに関与した人物に関連する情報を請われると必要に応じて提供してくれると言う。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。