イチゴロックシード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「イチゴ、参ります!」
「色は鮮紅、迅さは閃光!イチゴ!ここに!」

識別番号 L.S.-06
クラス A
性別

真面目で責任感が強い優しい少女。一人称は「私」で、常に敬語口調。
常識的ではあるがその枠から中々出れない。
また突然の出来事にあまり強くない。
非常に身軽で素早さは相当なもの。
胸にコンプレックスがあるのか、巨乳関連の話題になると無言&無表情になる。
鎧武の手にしたイチゴロックシードには2通りの存在がいる。

【初代】
オレンジと共にヘルヘイムの森で収穫された。
戦極ドライバーに使われることなく、第2話にて上級インベスに食われ消滅した。

【2代目】
城之内から龍玄が奪い、その後鎧武の手に渡った。
龍玄の手にあった当初は奪われて敵に渡ったということもあり、警戒心を露わにしていた。
だがオレンジから初代の話や「強さ」の力説を聞き、自らの道を見つけ出し鎧武と共に戦う決意をした。

必殺技

イチゴチャージ:弾散降紅刃
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。