プテラメダル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恐竜系を指揮・統括する存在にして圧倒的な実力を誇るメダルビト。19歳。
1白亜紀を代表する翼竜の代名詞プテラノドン・インゲンスの形質を引き継いでいるが、本来該当種が持ち合わせていないような高い知力・体力・精神力をバランス良く併せ持つ。
性格は体毛があった生物にしては冷徹極まりなく、目障りな存在には容赦の無い制裁を下す。
但し寛容さが無い訳ではなく、歯応えのある実力者はあまり嫌わない傾向にある。
化石生物系統が共通して抱く選民思想が最も強く、自らの属する系統以外は「下劣」と見なす。
32話では「顔合わせは済んだ」としてあくまでフレンドリーに引き留めようとするクワガタの好意も蔑ろに火野の体内へ帰ろうとしたり、ティラノ以上に感情を込めて五系統を下劣扱いする他、勝負を挑んだクワガタに対し「付き合う義理は無い。実力差も考えずに勝負を挑むとは下劣の極みよ」という発言をするなど他のメダルには目もくれなかったが、自分達に少しでも渡り合ったタカに対して興味を抱き彼の成長に期待するようになった。
ティラノがゾウからの勝負を受けて立ったのに対し、こいつの場合はクワガタから勝負を挑まれても「付き合う義理は無い。実力差も考えずに勝負を挑むとは下劣の極みよ」などと罵った事もある。
また、「仲間を思い遣る心そのものが悪徳である等とは微塵も思わない」らしく、他系統を下劣呼ばわりするのは単に「無知かつ無計画である事」を忌み嫌うが故である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。