キャノンショルダー

機体データ
全長 14m 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット ---
所属 英国陸軍対アムステラ特殊兵装師団キャノンショルダー中隊

全身を覆い隠すほど巨大な盾(タワーシールド)と、
胸から突き出た長い砲身が特徴的な人型ロボット。
全高14mほどの量産機ながら、羅甲に迫るパワーを持つ。

大盾による防御を重視しており、胸部に組み込まれた大砲は
盾と干渉しないように、胸部右側へ配置されている。
さらに、この大砲の基部は戦車の砲塔を流用しており、広い射角を得ているが、
本来右肩のあるべき位置に、砲塔の右端が突き出す形となっており、
このため『大砲の肩(キャノンショルダー)』と呼ばれる。

本機の火力では、羅甲を撃破することが難しいことから集団で隊列を組み、後方に配置した
戦車部隊と連携する戦法を取るが、その本領は、機体を覆うほどの大盾にある。
集団でこの盾を構えて密集し、横一列に並ぶことで、敵の突撃を阻む防壁となる。
そして、『防壁』に足止めされた敵部隊に向けて、
対羅甲用に火力を増強した戦車が集中砲撃をかけるのである。
こじ付けに近い言い方をするなら、ロボット版『鎚と鉄床』戦術である。
この戦法を、イギリス陸軍では『ブリティッシュ・ウォール』と呼ぶ。

なお、キャノンショルダーは、短期間で戦力を整えるべく設計された
急増品の兵器であり、汎用機が導入されるまでのツナギの戦力である。
機能・用途を絞ることで、生産性と性能を両立させてはいるが、
機能を特化させすぎたため、ブリティッシュ・ウォール戦法以外では、
まるで融通が利かず、特に航空戦力相手には、ほとんど対処できないと言う弱点を持つ。
何故このような機体になったかと言えば、イギリス陸軍の逼迫した懐事情による。
元々イギリス軍の予算編成は、空軍へ多くの予算を充てており、
そのしわ寄せで陸軍の予算が割りを食っているためである

武装

専用タワーシールド×1
胸部150mm滑腔砲×1
12.7mm機関銃(滑腔砲同軸×1、対空×1)
近接戦用マトック(ツルハシ)×1

主な活躍

オブシダンにてアムステラ軍の羅甲を迎撃

コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る