O.M.S.(オー・エム・エス)

オシリス社が所有している非正規部隊。
正式名称は『Osiris Mercenary Service』(オシリス・マーセナリー・サービス)
主に兵器の所有や開発もままならない後進国に派遣されている傭兵集団である。

隊員は『多額の負債を抱える者』『戦争犯罪人』『凶悪犯やゲリラ兵』が殆どであり、
任務の成功と引き換えに、借金の返済や自身の恩赦を条件としてスカウトされている。
部隊は2人以上のチームで構成され、それぞれ部隊長の好みで自由に名前が付けられる。
このチームは成績によりS~Eのランクが付けられており、
上位ランクに行くほど増収し、借金の返済や恩赦に繋がるという仕組みにもなっている。
しかし、現在のところその制度で開放された者は一人としていない。

『お手ごろ価格で雇える精鋭部隊』との売りだが、実際は抱き合わせで
オシリス社の製品(除草剤や遺伝子組み換え食物など)を強制的に買わされる。
オシリス社が世界の一流企業になったのも、そのような悪質商法によるものが大きいとされる。

オシリス社における影の一つであり、それ以外にも提携を結ぶ軍事企業や
子会社が開発した兵器を実地試験するためのモルモットとして扱われている部分もある。

モデルは、バイオハザードのU.B.C.S.

 主なチーム
チーム名 構成員 ランク
ビギナ・ギナ アルジャン・エクスタイン
プロフェッサー Dr.劉
カポエイリスタ
餓狼(ハングリーウルフ) 渡獅川梶雄 B→A
パグールス
クロッカン・ブール
イワン・イワノビッチ・バーコフ
ボブ・ボーナム

関連項目