獅子奮迅(シシフンジン)

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
艦長 コンウェイ
所属 アムステラ神聖帝国

コンウェイ将軍率いるクーデター軍が開発した
獅子をモチーフにした弩級戦闘母艦

『戦艦にもなり、また機動兵器にもなりえるもの』という
コンウェイ将軍の要望により開発が進み誕生した
クーデターが失敗すると当時の開発陣は、『身の安全を約束する』
という条件を元に設計図を渡す取引をした模様

これが後に、黒獅子旗の開発に繋がる

武装

対空機関砲
マイクロミサイル
大口径荷粒子砲
獅子口砲

主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る