アルヘナ

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---

エジプトの『輸送用』人型機動兵器
戦況も財政も危機的であったエジプト軍が、イスラエルのヴァーチャーを改造して開発
開発当時に災害救助が必要性とされたという事情もあり、
背中に巨大なコンテナを背負った輸送用ロボとなる

その輸送効率の悪さから他国からは馬鹿にされがちであるが
コンテナの下にあるバッテリーパック(発電機付き)の優秀性は世界トップクラスである
有り余る電力による駆動時間の長さとレールガンでの攻撃により、戦力としても決して侮れない
なお、他の物品の輸送時であっても、コンテナには常に修理部品が積まれている

砂漠を効率的に走行するためのパーツが多く付けられており、
そのためか揺れ方が独特で、慣れないと酔う人が多い

国外からは『ラクダロボ』と笑われるが、パイロット達はこれを蔑称とは考えていない
荷を背負いながら砂漠を果敢に前進し、無補給で任務を達成するアルヘナの価値は、
ラクダに象徴されているといえるからだ

武装

レールガン×1
ヒートシミター×1

主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る