ヤークト・カデンツ(Jagt Kadenz)

ウォルフガングが得意とする白兵戦術。
フォーゲルスベルクのワイヤーで絡め取った敵に各種銃器による連射を浴びせ、
引き寄せた処にナイフで急所を貫くというもの。

ゲリラ戦や乱戦において、その一機を確実に仕留める為の技である。

関連項目