ハリスホーク

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット ---
所属 アメリカ空軍

アメリカ空軍・現主力量産型航空戦力
セイカーのデッドウェイトであった腕部を廃し
装甲の一部廃止・軽量化、更には武装を専用の固定兵装のみとした改修版
脚部膝関節が可動角130度になり、順関節・逆関節の両歩行が可能となっている
同時に胴部が多重関節による倒立式に変更
これにより、脚部を後方に収納する事により戦闘機本来の機動も行うことも可能に
ドッグファイト能力向上の目的から、脚部のブースターの高出力化、機首への
カナード(可変補助翼)装備が図られた
ただカナード効果は薄く、操作性もかなり熟練を要するタイトなものとなっている
固定兵装は機関砲が2門、空軍用はさらに各種ミサイルが装備される

武装

アームバルカン
ホーミングミサイル

主な活躍



コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る