ギャップ

本来は『割れ目』とか『相違』という意味
転じて、人物に『ギャップ』と使う際は『普段の印象とは異なる部分』がある事を示し
その差異の内容によっては、その人の魅力を引き出す要素ともなる

また、一口に『ギャップ』と言ってもジジベルダの様に『見た目の割に「大きい」』というケースや
例えば普段は『孤高』だの『プライドが高い』とかの形容詞が似合うガミジンルース
実は甘いもの好きで、スイーツを食べたら顔の造形すら土砂崩れになる・・・など
その内容は多種多様である



関連項目