3型(サンガタ)

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット 地球連合兵他
所属 地球連合軍

2型を更に小型化。形状をより人間に近づける事で、大きな機動性アップに成功した機体。
しかし、今度は軽量化で脆弱となった装甲が祟り、やはり良い戦闘結果を残せなかった。

ほぼ完全な人型となったことでマニピュレーターを利用した拡張性の向上を実現し、
後の機動マシン開発の方向性を決定付けたという意味では記念碑的な存在ではある。

開発側からは期待されていたらしく、『プロトスリー』の名の下に、
各国から選りすぐりのパイロットを集めた性能評価試験も実施されていた。

武装


主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る