影狼隊隊長(かげろうたい たいちょう)

人物データ
身長 174cm 体重 68kg 年齢 不明(20代後半?)
所属 影狼隊
趣味・特技 見切り(技コピー)
搭乗機 妖爪鬼

アムステラ軍特殊部隊『影狼隊』の隊長
その任務は偵察・情報収集・拠点破壊工作等多岐に渡り、いわば皇族直属の乱破衆である
部隊の特務性とそれを率いる立場から、彼は自身を『影狼隊隊長』としか名乗らず
隊員でさえその本名を知る者はいない

見た目の印象は中肉中背の物静かな男だが、時折色々な意味で測り知れない一面を見せる
実力も相当なもので、一度立ち会った相手の技を覚えてしまう特技も持つ

追記

ちなみに影狼隊、初期設定では『地球侵攻軍の第四特殊部隊』という形で登録してます

隊長に関しては元々、敢えて作中で名前を『出さない』キャラとしていました
元になったキャラというのは特に居ませんが、新撰組の土方さんがイメージに近いかも?
そこに様々なネタを組み込んだ形です。(郭海皇やらアヌビス神やら節操無しに混じりまくり)

基本、渋め路線ですが・・・案外、笑い上戸(と言っても馬鹿笑いじゃなくて静かに笑う)な人かも

主な活躍

剣王機の戦闘データ取りに出撃、核ミサイル(のダミー)を使って剣王機を呼び出した
謎の機体(デュランダール)の長口上を遮り、次に来たサントスパーダの猛攻はやり過ごして
その止めは複数機の影狼による攻撃陣・影牢に任せる
しかし、本命の剣王機には自らの技や影牢も通じず、奥の手を繰り出すものの敗北
だがそれでも、彼の目的は達成されていたのであった・・・

転属してきたイェンの力量を測るため、戦闘シミュレーターで空戦対決。奇策で勝利を得る

後に、バドス達による威圧偵察の結果報告を受けるが、その内容は彼の想定内であった

ドイツ軍基地を情報収集の為に襲撃、予め協力を要請していたレンヤルルミー
迎撃に来たエイジアン隊相手に痛打を受けた処に登場し、彼らが無事に離脱する隙を作った

コメント

  • 最初の予定では、もうちょいあっさりシンに倒される筈の人でした。(ぉ
    ですが、シンの主人公補正の影響を受けたお陰で、良い意味で暴走。(笑)
    実力はあるけど、それ故に貧乏くじを引く羽目になる。それが影狼隊です。(w

    なお、ヒルデ様の意向に従っては居ますが、部下であっても直属では無いです。
    裏設定としては「聖帝の意向で~」という説も考慮中。詳細未定だけど。 -- (春休戦) 2007-07-01 05:18:24
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る