銀色の魔弾(ぎんいろのまだん)

ランカスター家執事が軍人時代に付けられた二つ名。
アムステラ軍では狙撃の達人として知る人ぞ知る名前である。

執事がまだ若い頃、激務から来る心労で髪が白くなっていたことに由来している。
苦い記憶を呼び覚ますため本人は余り好んでいない。

関連項目