シンシア・オコーナー

人物データ
身長 --- 体重 --- 年齢 20
所属 アイルランド空軍・対アムステラ特殊兵装師団
趣味・特技 ---
搭乗機 フェルグス

風の戦乙女」の異名を持つ。
いつも眠そうな表情とゆったりとした口調で喋る天然娘(そこから眠り姫の異名も)
ふわふわとして掴み所のない性格は周囲を困惑させるが
こと戦闘においてはその性格を体現したかのような、予測不能の奇抜な動きで翻弄する
彼女の操るフェルグスの空戦能力は、ウインドスラッシャーと並び世界でも屈指である

追記

戦闘時の緊迫感と日常の弛緩っぷりのギャップがなんとも
本編ではシャイラ駆る紫艶蝶に遅れをとったが
是非ともリベンジを果たしてもらいたいものである

主な活躍

K.G.Fとの共同ミッション
普段の様子からその実力に疑問を持つシンであったが
出撃した傍から剣王機銃王機を包囲する敵機を連装ミサイルの弾幕で一網打尽にする
アイルランドの「眠り姫」が今目覚める

『シンシナ=オコーナー フェルグス 出る』
フェルグスの活躍によりアムステラの飛行部隊第一波を退けたアイルランド空軍&K.G.F連合
だが、アムステラのエースパイロット、シャイラ少佐操る紫艶蝶の急襲を受け
圧倒的な戦力の前に次々と撃墜される通常兵器部隊
紫艶蝶と対峙したシンシアは劣勢を覚りフェルグスの真の力「空中舞踏(Air dance)」を解放する
最大の武器、重力コントロールによるトリッキーな動きで一時は優勢に立つかと思われたが
シャイラもまた実力を全て見せていたわけでは無かった
本気を出したシャイラの飛行は一変、何が起こったことすら分からず被弾、フェルグスは墜落する

『Gコントロール シフト ゼロ!』
壮絶なドッグファイトの末、フェルグスは紫艶蝶に敗北する
大ダメージを受け無防備となった背中に照準が合わせられたその時
レオンハルト操る銃王機が登場、シンシアは窮地を脱した








コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る