吠弩羅(ハイドラ)

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット クリストフ
所属 アムステラ神聖帝国

スティングがこれまでの戦闘データを元に、吠弩を設計し直した改良機

フレーム構造の抜本的な見直しによりレスポンスが格段に向上し、
吠弩では対応できなかったクリスの反応にも十分ついていけるようになっている

他にも装甲の強化などで吠弩より機体サイズが一回り程度大きくなっているが、
大型のスラスターによって以前と同程度の運動性は確保されている

吠弩の特徴でもあった腕部パイル『穿震』を巨大化させた『竜穿』に加え、
新たに膝部パイル『烈迅』が備えつけられ持ち味だった格闘能力は更に向上
両腕部には黒銅鋼製のシールドが取り付けられ、防御面においても強化されている

欠点であった対空能力は改善されたとは言いがたいが、
それを補って余りある性能となった、クリスの新たな牙である

武装

竜穿(両腕部大型パイル)×2
烈迅(膝部パイル)×2
アンカーパンチ×2

主な活躍


SRC外伝「一意穿震 第三章

コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る