陵鷹(リョウオウ)

機体データ
全長 27m 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット エドウィン・ランカスター
所属 アムステラ神聖帝国

エドウィン・ランカスター男爵専用の駆逐型重操兵
フランダル伯爵が溺愛する甥の為にと、多額の資金を出し開発させた

腹部拡散ビーム砲、大型レールキャノン、有線レーザー砲など、贅沢な砲撃武装を搭載
機体各部に設置されたスラスターの出力も高く、総重量に対しての機動性も高い

このように高いポテンシャルを秘めた機体ではあるのだが
全てを引き出すにはまだ力不足であり、成熟までにはもう暫くの時間が必要となる

その純白に彩られたボディと威圧的な外観をエドは一目で気に入り
以後、彼はこの機体を『愛馬』として可愛がっている


武装

ガトリング砲×2
拡散ビーム砲
レールキャノン×2
有線レーザー砲×6

主な活躍




コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る