ピースメイカー

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット イロク
所属 アメリカ空軍

アメリカ空軍・対アムステラ特殊兵装師団所属

右前腕部を丸々使用したビーム砲とカウボーイのようなテンガロンハットが特徴
この右腕は『エクステンダー』と呼ばれる武装システムとなっていて
用途に応じてマニュピレーター、ガトリング砲、ミサイルポッドなど
多種多様な武器に換装する事も可能

この機体のもっとも特異な部分は『パイロットが乗らない』ことであり、
開発主任のセシル・ハーマッドの秘蔵っ子と称される人工知能
イロクのデータを転送する事により、イロクが『第2のボディ』として制御する

このため、パイロットの生命維持に必要なセイフティスペースなど
人的要因でのリミッターを完全に排除できるようになった

機体そのものがイロクのボディであるために反応速度も極端に高い

武装

エクステンダー各種

主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る