藤宮流

アムステラ神聖帝国に300余年伝わる古武道
開祖はビシャモン・S・フジミヤスキー

体術が主であるが、それだけに留まらず、剣・槍・棒等の武器術
更には薬草学・軍学に至るまでの知識を併せ持つ、総合戦術学

藤宮流には、活人拳と殺人拳の技法があるが
活人拳は握拳を主に使う拳法で、殺人拳は禁じ手(目潰しなど)を主に使う拳法である

ビシャモンが星間航行の途中で行方不明になってから
その血脈は、現在までハイドラゴン家の者によって受け継がれている

関連項目