車慶兵衛(くるま けいべえ)

人物データ
身長 186cm 体重 116kg 年齢 80(享年)
所属 プロ野球→大リーグ→永久追放
趣味・特技 柔道・野球

百文字の養父にして師匠である巴二十八と竹馬の友。
共に柔道に勤しんでいたが、ふとしたことから、野球部に誘われた車は、
その才を遺憾無く発揮し、そしてのめり込んでいく。

巴と共に編み出した必殺投技『地獄の大雪山』。車は、それを必殺打法へと昇華をさせた
『大渦潮打法(だい うずしお だほう)』にて、打つや飛ばすやの大活躍。

甲子園。プロ野球。そして、メジャーリーガー。
と、どんな球児も一度は夢見る、素晴らしい球歴を歩んでいたが、
野球賭博。八百長行為をし、永久追放されてしまう。

度々、車は『俺はやっていない』と言い続けたが、証拠は決定的であり、
息子はそれを見、情けない思いをしていた。

その後、交通事故に遭い死亡。死に間際、車はこう言った。


『やってないって言ったトコロで、事実は変わらない事は解ってる…。』
『だがな…。俺はカッコ付けていたかったんだよ…。』
『愛する息子…。』
『愛するお前の前でな…。』

『あ~~あ…。』

『ダセェなぁ…。ダサくてダサく仕方が無ぇよ。』
『三枚目でも…。』
『カッコを付けて、生きていければって思ってたのによぅ…。』

『これじゃあ、とんだ…。』
『ヘタレ役だぜぇ……。』

それは何とも人間臭い心根であった。
その愛すべき人間臭さ故、息子は狂気に走った。

追記

モデルは永井豪・石川賢作ゲッターロボの車弁慶氏から。


主な活躍

外伝SS「地下プロレス最期の日」

コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る