ヌード・ソルジャー


ボギヂオ・クラケットはこう述懐(じゅっかい)をする。
クラケット家には『ランゼ・クラケット』と言う優秀なパイロットが居た。
彼は機体に乗る時『生まれたままの姿』『それは全裸』であった。
チャマ・クラケット』も、本気を出す時は『全裸』に近い格好する。

ここでボギヂオは気付く。

クラケット家の者は全裸になると、その実力を発揮するのだと。
そう。脱げば脱ぐ程強くなるのだと。そしてボギヂオは全裸で指揮を執る事にした。
そうして彼は“オール・ヌード・ボギー”を名乗り、
その高い士気で持って、数々の名采配を見せる事となった。

ボギヂオ大佐古参の部下達もまた全裸になる事により、
『全裸』と言う恥ずかしい格好になってまで俺達を鼓舞する
『ボギヂオ大佐』の“意気”に応えるんだと、いつも以上の力を発揮する。

関連項目