アフリカ南部同盟


同盟の目的は、
国々の国境無き防衛線による『防衛の強化』。
並びに海外への戦力派遣による『資金の調達』。
そして得た資金による『新型兵器の開発』。
である。

更には同盟で戦線が拡大する事によりアムステラが、
ギガント28号を避けて攻撃してくる予想し、
ギガントの移動、修理はアムステラから強奪した『空母』を、
アロンズィS06の技術でステルス加工した『超ステルス飛行基地』、
ギガントブースター』により行う事にした。

ギガントブースターは最優先で激戦地へと飛び、基地より飛び降りる。
そこで戦闘する。勝利する。そして、再び見えぬ基地へと帰還する。
そうする事により、アムステラは何処からギガント28号が現れるか解らぬが故、
同盟による戦線を攻めるに辺り、常にギガント28号の脅威に怯える事になる。

その為に、この同盟以後、ギガント28号はその存在を隠蔽する事になった。

戦闘に関する詳細記述は一切残さず国連の共同戦線に参戦をした記録も無い為、
未だ『ヴェールに包まれた謎の機体』として認識をされ
「国民の高揚を目的とした架空のロボットなのでは?」とまで実しやかに噂される事となる。

関連項目