スレイプニル

機体データ
全高 300m 本体重量 --- 全備重量 ---
艦長 アイリーン・ハーケット
副長 ゲイル・シー
その他乗員 R・ロロ
所属 ノルウェー王国海軍・対アムステラ特殊兵装師団

ノルウェー海軍開発・可変型超ド級戦艦スレイプニル級一番艦

豊富な武装と強力な装甲を持ち、一般兵器では太刀打ちすることの難しいアムステラ軍の機動兵器に対しても十分に破壊・殲滅することが可能

海上・海中を主戦場とし、理論上は各部の換装で宇宙空間での運用も可能
さらには人型に変形することで地上戦も可能だが、乗員への衝撃もあるので多用は出来ない

欠点はそのサイズ故に小回りが利かないことで、素早い敵にはかなり分が悪い
その為、グラニをはじめとする艦載機との連携戦闘が重要となる

一番艦は特装砲『グングニル』を搭載
対要塞戦のための圧倒的な攻撃力は並のロボットでは比較にすらならない
二番艦以降も順次開発・生産される予定である

名は北欧神話の最高神オーディンの愛馬から

武装

対空機関砲
ミサイルランチャー
4連装レール砲×2
対艦ミサイルランチャー×2
5連装ビーム砲×2
対艦2連装メーザー主砲×2
対要塞決戦特装砲『グングニル』×1
各種電子戦装備

主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る