赤胴流(あかどうりゅう)


江戸時代を発祥とする「剣を持っては日本一だ」がキャッチフレーズの一子相伝の武術。
銃刀法の中でも『剣』を持ち続ける為に己の爪を刀剣のように鋭くし、薙ぎ払いの要領で
10cm先の狙いを『真空刃』を発生させる『赤胴真空切り』を編み出した。

曰く「柔らのような体術と、抜剣が如き『真空切り』」を得意とする。


関連項目