サンド・アパッチオ


ヂェロニモプカハンタの一族の英雄
19世紀も終わりの頃、 サンディエゴビーチからスタートし、ニューヨークをゴールとする
乗馬のレースに『己自身の脚力』で競う為、レースに出場をしたネイティブ・アメリカンです

一族への差別が激しい時代、白人達が集う乗馬のレースの中、1人ネイティブ・アメリカンとして出場し
己の足のみで大陸を横断をした、その勇気と偉業は『英雄』として讃えられ、また彼が得意とした闘法
『イン・ア・サイレント・ウェイ』と呼ばれる『音撃闘法』を準え”音を奏でる男”と彼を呼称する事と
なりました


関連項目