レッドヘルム

別名『赤カブト』
惑星オオウのフタゴ・マウンテンに牙城を築く50m級の巨大宇宙熊である。
フタゴ・マウンテンに踏み居る人間を次々と襲い。『宇宙・人喰い熊』として恐れられている。

かつての習性は『専守防衛』に近く、下手に近寄らない限りそうそう現れる事も無く、
年に10数度下山をしてくる、年老い満足に餌を獲る事が出来なくなった
固体を退治するだけで良い話であった。

しかし『専守防衛』の戒律を知らぬ者が統治者となった折、無理強いをする形で
希少金属の採掘を試みたとした結果、トコロ構わず暴れ狂う厄介な害獣となってしまった。

数年前、人が住めぬ程にまでレッドヘルムの数が膨れ上がってしまったが、
闇夜八行衆により極秘裏に行われた『討伐』と言う名の機体調整により、殲滅に成功。

現在生存しているのは主生息地であるフタゴマウンテンに巣食う固体のみである。

関連項目