オオウ星人(オオウ せいじん)

アムステラ神聖帝国の属星オオウの土着民。
センゴク星でも見られるような獣人種で、全ての民は犬を基調とした姿をしている。

彼らは元々オオウに存在していた人種ではなく、星の寿命により滅亡するだけになった自分達の星から
脱出し『自由になる為』にオオウへと逃げ込んだ、『知能を持った犬達』の末裔である。
その為、寿命は約400年。他者の傷を自分に移す能力や、四足歩行形態への変形などの
超常的能力を備えており、その生態は他の獣人種と比べても大きく異なる。

その力と姿から、他の宇宙人からの評価も賛否両論。
どちらかと言えば嫌われた存在となっている。

だがオオウ復興の後、アムステラで流行った闘犬によって、
少しづつだが、その存在を恐れられなくなってきている。

関連項目