NEOッPィー!

かつてゴブオバ派であった者達で作られた団体の一つ
6年前に死した大統領ゴブオバ・ボブドを『神』と崇める事を特徴としています

ゴブオバは階段でも昇るかのように、必然的に『支配階級』に上り詰め
『大統領』にまでなった男である為、暗殺と言うその死は、様々な陰謀説が入り乱れ
ある意味ドラマチックとも言えるその死は、信仰で結束を固める対象として恰好であったからです

自国他国問わずに暴れ狂う『狂信者集団』として、ブイブイ言わせていましたが
耐撃の百文字の活躍により、資金のほとんどを注ぎ込み買い込んだ重火器が水の泡に…。
団員も大幅に脱退してしまい、今や超弱小武装集団と成り果てています。

関連項目