単語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インタプリタ型言語(⇔コンパイラ型言語 )
プログラム作成したら、すぐに実行することができます。この場合は、プログラムを実行する毎に機械語に変換されます。コンパイルする手間がかかりません

コンパイラ型言語(⇔インタプリタ型言語 )
プログラムが完成したら処理形式を変換します(この作業を、「コンパイルする」と呼びます)。この結果、実行ファイルと呼ばれる、ソフトウェアを実行するファイルが作成され、このファイルを実行する(コンピュータに処理させる)と、プログラムが動作します。元のファイル(ソースファイルと呼びます)は、ソフトウェア実行に必要ありません。コンパイラ型は、コンパイル作業がある分だけ手間がかかりますが、プログラムの実行は速くなります。