※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太陽が見つめる午後の日 突然の嵐の中
歩き出した私に 傘差し出した君

気遣いじゃない君の優しさに あたたかな居場所感じた
そばで笑っていたのは、あのひまわり

どうしようもなく切ない夜に 寂しげに咲く
大好きで 大好きで 泣けてくる
どうにも出来ない恋に 悲しげに嘆く
好きと言えればいいのに、今日もまた…

青空に風そよぐ午後の日 突然の雷を前に
泣き出した私の おでこ撫でた君

偽りじゃない君のその態度に 戸惑ったりもしたけど
背中を押してくれたのは、あのひまわり

どうしようもなく会いたい夜に 儚くも散る
大好きで 大好きで 泣けてくる
どうにもならない恋 淡くて、もろくて
好きと言えればいいのに また涙…

はにかんで君がくれた言葉 何度も胸に問いかけた
そばで笑っていたのは、あのひまわり

どうしようもなく切ない夜に 寂しげに咲く
大好きで 大好きで 泣けてくる
走り出したこの恋をそっと見守って
今なら言えるよ 「好きです。 世界で一番」