レプリカント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レプリカント





  • 限界突破

射程:本人 範囲:1対象 時間:6分

レプリカントの第1特殊能力。
一定時間、主の魔皇と同等の戦闘能力を得る能力。
但し、効果時間終了後、疲労し残り体力が半分になる。

備考
一時とは言え、魔皇と同等の戦闘力を得れるのは、逢魔の中でもレプリカントだけの能力。
連続で使用できないとは言え、十分良い能力である。
但し、魔皇と同等の戦闘能力を得れるだけであって、ダークフォースと魔皇殻が完全使用できるようになったり、
殲騎が操縦できるようになったりする訳ではないので注意。
疲労するというデメリットも鑑みるべき。



  • 魔皇様への思い

射程:100m 範囲:1対象 時間:瞬間

レプリカントの第2特殊能力。
願いを込める事で主である魔皇の傷を完全回復する。
但し、使用すると疲労し残り体力が半分になる。

備考
レプリカントの主である魔皇限定の回復能力。
使用後のデメリットを鑑みて、使いどころを見極めて使うべし。



  • 幻影の篭手

射程:100m 範囲:1対象 時間:瞬間

レプリカントの第3特殊能力。
魔操の篭手が飛翔し対象にパンチを加えるような幻影の攻撃をする能力。
篭手は二つあるので対象を二つ取ることも可能。

備考
どう見てもロケットパンチです。本当に(ry。
幻影とは言え、ちゃんとダメージが入るのが特徴。
なお、実際に魔操の篭手が飛ぶ訳ではないので、そこは注意。



  • こんな事もあろうかと

射程:接触 範囲:1対象 時間:永久

レプリカントの第4特殊能力。
体内に何らかのアイテムを取り込んでおける能力。
一つ当たり200kgで最大3つまで取り込むことができる。
主人の魔皇の為に取り出す必要がある時だけ取り出しが可能で、
突然持っている状態で出すことができる。
体内に入ってるアイテムはその重さを失い、時間が停止する。
既にアイテムを入れている状態でこの能力を使用しても効果を発揮しない。

備考
例えるなら、四次元ポケ(ry。
制限はあるものの、嵩張らない保管庫として機能するのではなかろうか。
ちなみに、セット品であると認識されるもの、
例えば、銃器と弾薬だとか、
トレーとティカップ、ソーサー、ポットのセットなどは、
一塊として取り込むことができる。



  • 武具の合同

射程:本人 範囲:1対象 時間:6分

レプリカントの第5特殊能力。
主の魔皇が召喚した魔皇殻一つを魔操の篭手に取り込み、
篭手をその取り込んだ魔皇殻と同等の能力を持った物に変える。
篭手に魔皇殻が融合したようなデザインになり、魔皇殻を使用可能になる。

備考
逢魔では使用できない銃系・弓系魔皇殻をも使えるようになるのが最大のポイント。
使用頻度は多いのではなかろうか?



  • 宝物庫の守り

射程:10m 範囲:直径10mの球 時間:瞬間

レプリカントの第6特殊能力。
効果範囲内のあらゆる物品を修理する。
但し、失われているものまで復活させる事は出来ない。

備考
現実にも欲しいと思う能力。(何)
機械製品のみならず、壊してしまったプラモデルや鎖が壊れたネックレス、傷つけた書類など、物品である限り修理・修復・修繕可能。
但し、消失してしまったもの(※ビームで消し飛ばされたりとか)は修理できない。
また、殲騎は魔力によって形成されたものである為、この能力では修理できない。
大破した場合、普通に回復系SFなどで回復するか1週間ほど呼ばないかすればいい。