ヤ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤ行






(なし)




  • ユディット

十三使徒の一人。階級は権天使。
“法皇”の異名をもつ、旭川テンプルム及び欧州にある幾つかのテンプルムのトップ。
褐色の肌を持つ華奢な女性で、神帝の信厚い使徒だった。
第一次神魔戦線後期、神輝兵器『聖鐘』を欧州で開発し、釧路湿原の武器工廠テンプルムでも『聖鐘』開発を行ったが、そのテンプルムの護衛を放棄。
その行動は他の十三使徒らに疑念を与えた。
そして、『聖鐘』の輸送任務を放棄して、神帝用ネフィリム輸送任務に就いていたプリンシパリティ・マタイを乱戦の最中に暗殺し、魔皇らの勝利を決定づけた。
その後、インファントテンプルムの声を聞き人類従属派となり神帝軍を離反、旭川テンプルム共々魔皇らに降り、
魔属と共闘する神属の集団「エグリゴリ」を組織した。

だが、日本国北海道が独立を宣言した時期に行方不明になる。




  • ヨハネ

十三使徒の一人。階級は権天使。
“賢皇”の異名をもつ、大阪メガテンプルムのトップ。
幼さの残る子供で丸メガネをかけている外見だが、プリンシパリティとしての実力は折り紙つき。
賢皇の名に相応しい知略で、魔皇達を苦しめた。
後に魔皇や人類と和解。
現在は大阪府の知事的な立場となり、府政を取り仕切っている。