歴史年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【2004年6月】
日本各地で神帝軍が停戦交渉に応じる。
マティア、札幌のフィリポ、名古屋の大天使は魔属に敵対継続。

九州で平和維持機構『ミチザネ機関』が設立。



【2004年10月】
ミチザネ機関にミチザネ企業財団が参加。



【2005年】
日本各地にマティア神帝軍の新戦力、第2次侵略テンプルム部隊出現。

第2次神魔戦線勃発。

マティア神帝の分散作戦により、古以外の隠れ家は壊滅する。



【2005年後期】
激戦の中、悪魔化する魔皇が続出。各地の被害増加。

弱体化したマティア神帝軍、名古屋の大天使と共に北海道に撤退。
その際に発生した追撃戦でテンプルムが多数墜落。各地に甚大な被害をもたらす。

フィリポと合流したマティア神帝、追撃隊及びエグリゴリにより日本を離脱。
第2次神魔戦線、一応決着。

九州地方のマティア神帝軍、キマイラ型サーバントの開発に成功



【2006年初頭】
古の隠れ家の遺跡で魔獣殻発見。

逢魔の司・歩美、
『パンデモニウム』、『レギオン』、『アクスディアの指輪』の封印を宣言。

インファントのメッセージを受けた神属が『人類従属派』に変容。

ミチザネ企業財団がミチザネ機関を襲名、
感情搾取代替エネルギー放射人工衛星の打ち上げに成功。



【2006年前期】
魔属・エグリゴリ・自衛隊、一丸となって北海道の復興に着手。
2006年中頃には自給自足体制確立一歩手前まで復興する。
これに対し本州は未だ完全復興の兆しが見られない。

九州マティア神帝軍の奇襲とキマイラ型サーバント投入により、
穏健派神帝軍と魔属、本州に撤退。

マティア神帝軍、一部の占領地から撤退。
アジア・アフリカの諸国家、支配から解放。




【2006年後期】
北海道に本州の難民が流入。
その際、ミチザネ機関との権力闘争に敗れた権力者達も入り込む。
権力者達、北海道に浸透、権力基盤を形成。

中立国・中国、神帝軍を敵と認識。
国内の魔属を捜索して厚遇する一方、
親神帝軍的思想の人間を徹底的に弾圧。

中立国・ASEAN、神帝軍撤退による解放後の混乱期に突入。
ASEAN各国間で連絡を取り合い、事態を乗り越えるべく協力し合う。

各中立国、神帝軍を侵略者と認識するも、
神帝軍の遺棄したサーバントや自国が抱える問題の表面化により、
中国・ASEANを除く各中立国は、対マティアに傾注できない状況に陥る。



【2007年】
日本、壊滅等しい状態になる。
『人類従属派』が日本の新しい呼び名を提案、
多数の肯定的意見により、日本は『パトモス』と呼ばれるようになる。

北海道、パトモス建国に反対を表明。
葛城辰巳内閣が発足、自らを日本の正当後継国家と発表。

青森事変勃発。
特務軍第2師団によって鎮圧。

パトモス、日本国・北海道に宣戦布告。
津軽紛争勃発。

パトモス、九州・沖縄で活動する魔属への支援開始。
同じ様にサルデスへのゼカリア配備が進められる。

中立国・中国、パトモスから神魔兵器輸入開始。
パトモスとの結びつきを強めようとする。

中立国・ASEAN、中国の軍事力に脅威を感じた台湾が接触。
軍事面での協力を主にした連合、ASEAN+1が結成。
中国同様に神魔兵器の輸入開始。