アクスディアEXceed歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【2004年6月】
神帝の死亡により、各地で停戦交渉に応じる神帝軍続出。
その一方で札幌を統括するフィリポ、
廃墟と化した東京で神帝の後継者宣言をするマティア、
名古屋の武闘派、烈皇・タダイの遺志を継ぐ部下の大天使などは、
引き続き魔に属する者達と敵対した。
また、この頃に九州で平和維持機構『ミチザネ機関』が設立され、
感情搾取代替エネルギーの研究が進められる。

【2004年10月】
神輝装置の解明に手間取るミチザネ機関に、大手企業のミチザネ企業財団が参加。
財団による優れたノウハウを用いた研究協力と資金援助のおかげで、
研究に大きな進展がみられるようになる。

【2005年】
突如日本各地に、マティア神帝軍の新戦力『第2次侵略テンプルム部隊』が出現。
これを機にマティア神帝は侵略を開始。
『第2次神魔戦線』の幕開けである。
マティア神帝は先の敗北を教訓に、分散作戦を展開。
各地の隠れ家、停戦に応じたプリンシパリティ、
インファントテンプルムを攻撃目標とし、
様々なサーバントの軍勢も新たに召喚して、数で圧倒する作戦に出た。
これに対し、魔に属する者達や反逆者のレッテルを貼られたプリンシパリティと
配下の神に属する者達は必死の対処と抵抗を行う。
再び超巨大殲騎船メガフロート『パンデモニウム』と中型殲騎船『レギオン』が出撃。
紫の夜やアクスディアの力を使って特攻するテンプルム群に対応するも、
CDCで姿を晒した隠れ家に突貫され、古以外の隠れ家は壊滅した。

【2005年後期】
各地で激戦が繰り広げられる中、感情の制御を失った魔皇達が
次々と悪魔化を行い、日本各地で破壊と暴力と死が席捲する。
多大な犠牲を払いつつも、マティア神帝軍は勢力を弱め、
マティア神帝は軍を率い、フィリポ統治の北海道に撤退。
名古屋の大天使も共に移るが、その撤退の際に発生した、
魔に属する者達の追撃戦により多くのテンプルムが墜落。
各地に甚大な被害をもたらす。
フィリポとの合流を果たしたマティア神帝だが、
追撃隊魔皇、雪花跡地で攻防中の魔属と自衛隊、
そして権天使ユディット率いるエグリゴリによって、マティア神帝は日本を離脱。
こうして第2次神魔戦線は一応の決着をみた。

【2006年初頭】
古の隠れ家の遺跡にて、鳥に酷似した生態魔皇殻が発見され、『魔獣殻』と命名される。
魔獣殻探索ブームが過ぎると同時に、逢魔の司・歩美が古の隠れ家・黒の古城にて、
『パンデモニウム』、『レギオン』、『アクスディアの指輪』を封印する事を宣言。
歩美自身が封印の管理者となり、古の隠れ家に隠棲する。
同じ頃、インファントテンプルムの『エンジェルは人に従う』のメッセージにより、
神属達が人類に従うように変容。『人類従属派』が誕生する。
また、この頃にミチザネ企業財団がミチザネ機関を襲名し、台頭。
感情搾取代替エネルギーを模索した結果、神帝軍技術の獲得に成功する。
『人類従属派』のエンジェルの協力を得て、
感情搾取代替エネルギーを放射する人工衛星の打ち上げに成功。
この功績により、ミチザネ機関は多大な権力を得る。

【2007年】
悪魔化魔皇と墜落したテンプルムの影響で、日本は壊滅に等しい状況に陥っていた。
人類従属派エンジェルが、日本を『パトモス』、各地域を7つに分けて名付けること提案。
人類側と魔属側の多数の肯定的意見により、『パトモス』と呼ぶことが決定する。
関東一部地域は現在『新東京』と呼ばれる神魔人の共存する区画として確立し、
共存への第一歩を歩みだした。