悪魔達の侵略14(20130104)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

落ちた武器は全て歪(いびつ)な形に壊れている。
良く見れば、武器とその周囲には大量の水滴が付着していた。
「まさか、水で破壊を……!?」
ビービーがケセドを睨みつける。
「まぁね。攻撃が一直線だから落とすのは簡単よ。それより――」
「!? しまっ――」
「もっと足元にも注意しておくべきね」
ビービーがケセドに気を取られていた瞬間、ビナーが放った黒い塊は、地面を這ってビービーの足に届いていた。
ビービーがそれに気づいたが時は既に遅く、両足を黒い液体が侵食し、その時点でビービーの足の主導権はビナーのものになっていた。
やがて液体は胴を伝い、ビービーの両手と翼を侵食する。
「ビナー、そのままその子を捕まえておいて」
「うん」
ケセドの言葉でビナーはビービーの頭部以外の侵食を済ませ、その場に停止させた。

ゲブラーがネツァクから一歩離れ、二人で作っていたシールドが弱まる。
ティピードはそれを好機に思い、ネツァクのシールドへ両手を突き刺した。
鋭い爪が、シールドを貫き、ネツァクが思わず後退する。
ティピードはそのままシールドを中央から左右に引き裂くと、ついにシールドは完全に破壊され、ゲブラーとネツァクの目の前に到達した。
「おい、これで終わりか? 次は防がなくていいのか?」
「…………」
荒れ狂ったティピードは興奮状態のまま、一歩一歩二人の魔女に近づく。
「お前らを消してもまだあと三人残ってる。次はそっちだ」
そう言って、ティピードの爪がネツァクに迫った瞬間――
「ヒヒ」
火の玉が一つ、ティピードへ向かった。
ティピードはそれを軽く弾いて、ゲブラーを見る。
するとゲブラーが笑いながら
「遮るものが無くなったのはお前もだ。耐えてみろよ」
そう言って左手を上げた。
危険を察知して、ティピードが空へ飛ぼうと身構えたその時、ティピードの周囲が突如爆発する。
爆発と共に発生した炎が、一瞬でティピードを包み込んだ。
「たかが炎程度……!」
ティピードは全身に炎を浴びながらも、直前で飛び立ち、炎から抜け出す。
「決めた。先に、お前からだ!」
空から飛来し一直線にゲブラーへ向かって空中を蹴った。
だが、
「燃え咲いて枯れろ! メガロプレペス・ピュール!」
次の詠唱で炎はティピードの身体の中心から発生した。
「がッ!? いつの間に――」
蕾から花弁が大きく外へ花開く様に、灼熱の炎がティピードの中心から外側へと開いていく。
ティピードはゲブラーへ到達することなく、炎をまといながら落下する。
「そのまま消えろ。ヒヒヒ……」
ネツァクとゲブラーが静かにそれを眺めていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。